鎌倉版 掲載号:2014年10月31日号 エリアトップへ

大船軒 鯵供養に神楽奉納 12年ぶりに復活

経済

掲載号:2014年10月31日号

  • LINE
  • hatena
神楽を見守る黒田社長(前列右から2人目)ら
神楽を見守る黒田社長(前列右から2人目)ら

 鯵の押寿しで知られる株式会社大船軒(市内岡本)は10月25日、本社駐車場で鯵祭を開催した。

 当日会場では発売開始当時の掛け紙を復刻した鯵の押寿しの販売や鯵の切り落としパックの先着プレゼントを実施。開始前から会場には長蛇の列ができていた。

 来場者らに見守られるなか、鯵の供養祭が初めて一般公開された。坂ノ下の御霊神社の神職らが鯵と同社製品を備えた祭壇の前で、神楽を奉納。同社の黒田裕代表取締役社長らが玉串を奉納し、供養を行った。

 同社の看板商品、鯵の押寿司しは昨年、発売から100年を迎えた。これを受け、社史をまとめていた同社は2002年を最後に供養祭が途絶えていたことを知り、復活を決定した。

 同社は「元々は幹部のみで行っていたため、自然消滅した行事。若い社員は知らなかったと思う。年間150万匹の鯵を使用するので、感謝を込めて、供養を続けていかなくては」と話している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

経済効果は約307億円

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

経済効果は約307億円 経済

観光協会、浜銀総研らが試算

1月14日号

「寅展」開催中

道ギャラリー

「寅展」開催中 文化

25日まで

1月14日号

ニューイヤーコンサート

ニューイヤーコンサート 文化

21日 鎌倉芸術館で

1月14日号

「鎌倉大仏前マルシェ」開催

18日・25日

「鎌倉大仏前マルシェ」開催 経済

食をテーマに10店

1月14日号

鎌倉大仏も雪化粧

中学生の作品キラリ

地下道ギャラリー

中学生の作品キラリ 文化

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook