鎌倉版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

鎌倉市長選 新顔2氏が立候補へ 10月下旬に実施見込み

政治

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴って10月下旬に実施が見込まれる鎌倉市長選挙に、いずれも新人で元NHK記者の飯田能生(よしき)氏(54)、弁護士の石田智嗣(ともつぐ)氏(55)が相次いで立候補を表明した。同市長選をめぐっては、現職の松尾崇氏(43)が3期目の出馬に意欲を示しているほか、フリージャーナリストの岩田薫氏(64)も立候補の準備を進めている。

元NHK記者・飯田氏

 5月8日に市役所で記者会見を開き、鎌倉市長選に立候補する意向を表明したのは、飯田能生氏。

 飯田氏は1962年、鎌倉市生まれ。御成小学校、腰越中学校、湘南高校、早稲田大学を卒業し、NHKに入局した。記者として様々な災害や選挙報道に携わり、チーフプロデューサーを務めた後、昨年5月に同局を退社。現在は市民の政治参加を促進する活動などに取り組んでいる。

 出馬の理由について「現市政は中長期のビジョンがなく、重要な課題を前に進める力がない。市民が主体となって考え、決定し、行動する、本来の住民自治、あるべき民主主義の姿を鎌倉で実現したい」と話す。

 主な政策として「エネルギーの地産地消」を挙げ、地熱・風力・波力発電の導入促進や関連企業・研究施設の誘致により「世界に通じるエコタウンのモデルづくり」を進め、税収増や地域活性化、地域福祉の充実を目指すとする。

 また市役所本庁舎の移転や新しいごみ焼却施設の建設については「地域のニーズにあったごみ処理施策や市庁舎のあり方について、市民の議論が全く行われていない」として「住民参加の仕組みを作ったうえで、改めて検討するべき」とした。無所属で立候補を予定。

弁護士・石田氏

 飯田氏に続いて5月16日に会見を行い、出馬の意志を明らかにしたのは石田智嗣氏。

 石田氏は1962年、北海道生まれ。腰越小学校、腰越中学校、湘南高校、早稲田大学を卒業。不動産会社や出版社勤務などを経て、2007年に横浜弁護士会(現・神奈川県弁護士会)に弁護士登録した。

 立候補を決めた理由を「不祥事が多発するなど、松尾市長は職員の統制がとれていない。人心を一新させるべきだ」とする。

 主な政策に「受動喫煙の完全防止」を挙げ、店舗や建物のほか路上も禁煙にすることを目指すとする。また弁護士数人を任期付で雇用し、市民への法律サービスの充実、市職員の法律順守の徹底を図るほか、大規模避難訓練の実施による防災意識の高揚、いじめ防止策の推進、景観保護などに取り組みたいという。

 市役所本庁舎の移転については「駅に近い現在の場所によいものが作れないか、検討したい」とし、ごみ焼却施設は「よりリサイクルを推進できる施設にするべき」として、場所は市が進める山崎浄化センターも含めて再考するとした。無所属で立候補を予定。

 同市長選をめぐっては、現職の松尾崇氏が3期目の出馬に意欲を見せているほか、4年前に松尾氏と争ったフリージャーナリストの岩田薫氏も立候補の準備を進めている。

5月24日起稿
 

鎌倉版のトップニュース最新6

児童と老朽トイレ改修

左官業組合

児童と老朽トイレ改修 教育

腰越小で職業体験

10月22日号

松尾氏、歴代最長4期目へ

市長選

松尾氏、歴代最長4期目へ 政治

市役所移転「説明尽くす」

10月22日号

ジャベリックスローで全国へ

ジャベリックスローで全国へ スポーツ

陸上・中務史也さん(大船中)

10月15日号

外部と連携し学び深める

外部と連携し学び深める 教育

小坂小・玉縄中で実践中

10月15日号

グラウンド、散策路継続

野村総研跡地

グラウンド、散策路継続 社会

アイネットが市民に説明

10月8日号

本庁舎移転など争点に

市長選

本庁舎移転など争点に 政治

10月17日投開票

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook