鎌倉版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

みどりのレンジャー 国土交通大臣表彰を受賞 緑地整備続け20年

文化

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする山内理事長(前列左から2人目)とメンバー(上)、整備活動の様子
表彰状を手にする山内理事長(前列左から2人目)とメンバー(上)、整備活動の様子

 源氏山公園など市内各地で緑地の整備や植生調査、子ども向け啓発活動などを行っているNPO法人鎌倉みどりのレンジャー(山内政敏理事長)がこのほど、第28回全国「みどりの愛護」のつどいで功労者国土交通大臣表彰を受賞した。関係者は「これまでの活動が評価されて嬉しい。これからも、よりよい自然環境を次世代に残せるよう、頑張っていきたい」と話している。

 全国「みどりの愛護」のつどいは、都市緑化意識の高揚や住みよい環境づくりの推進を目的に、毎年開催されているもの。

 第28回となった今年は6月10日、石川県金沢市の兼六園周辺文化の森で開催され、皇太子さまや国土交通大臣が出席するなか、花と緑の愛護活動に顕著な功績のあった133の民間団体が表彰された。

活躍の場広げる

 鎌倉みどりのレンジャーは1997年、市が公園や緑地の維持管理に関する知識・技術を習得してもらおうと開催した「緑のレンジャー・シニア講座」の修了生たちが集まり発足した。

 これまで市や公園協会、自治会などからの依頼を受けて、成長しすぎた植物の伐採や花壇の整備などを実施。2015年には、NPO法人格を取得した。

 また16年からは市文化財課との史跡協働管理作業事業も行っているなど、活躍の場を広げている。現在の会員は70人。

 前身の団体設立から20周年という節目での受賞に山内理事長は「これまでの活動が評価されてとても光栄。緑の環境整備はこれまでの『守る時代』から『活用する時代』になっている。鎌倉のより良い自然環境を次世代につなげていくため、これからも頑張っていきたい」と話していた。

 また、同団体は現在、会員を募集中。関係者は「仲間もできるので、一緒に汗を流しませんか」と呼びかけている。

 問い合わせは【メール】kamakura.midori@gmail.comまたは【電話】0467・45・8420山内さんへ。

鎌倉版のトップニュース最新6

「感染防止へ観光控えて」

「感染防止へ観光控えて」 政治

松尾市長異例の呼びかけ

4月3日号

国重文・有形文化財に4件

国重文・有形文化財に4件 文化

正伝庵所蔵の木像など

3月27日号

4月1日一部通行再開へ

葛原岡・大仏ハイキングコース

4月1日一部通行再開へ 社会

台風被害から約半年ぶり

3月27日号

材木座交番 来年3月で廃止

材木座交番 来年3月で廃止 社会

県警の統廃合計画で

3月20日号

鎌倉走る4人を決定

聖火リレー県実行委

鎌倉走る4人を決定 文化

バレエの上野水香さんら

3月20日号

子ども服難民キャンプに

小坂小4年生

子ども服難民キャンプに 教育

パレスチナ問題学び支援活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク