鎌倉版 掲載号:2017年9月15日号 エリアトップへ

発足から10年連続で「鎌倉こどもミュージカル」に出演、今年卒業する 城樂(じょうらく) 七海さん 市内在住 18歳

掲載号:2017年9月15日号

  • LINE
  • hatena

「ミュージカルが私の青春」

 ○…幼稚園年長から高校生まで43人の団員が所属し、年1回の公演を行っている「鎌倉こどもミュージカル」。2007年の発足当初から参加し、10月21日、22日に行われる10周年記念公演『しあわせの青い鳥』で卒業する。演じるのは主人公・チルチルとミチルの母親と「お金持ちの国」で暮らすダイヤ。「母親は台詞がない場面でも優しく気遣う雰囲気を出せるように、ダイヤは優雅なキャラクターを表現できるよう、日々研究しています。観賞後に幸せを感じてもらえるような舞台を作れたら」と意気込みを語る。

 ○…クラスメートに誘われたことをきっかけに、同劇団に入ったのは小学2年生の時。「普段は緊張しやすくて目立つことは苦手。けれどメイクをして華やかな衣装で舞台の上にいると、またここに立ちたい、拍手をもらいたい、と思うようになりました」とミュージカルのとりことなった。

 ○…転機となったのは中学2年生で臨んだ『桃太郎!』の公演。当初はヒロインを狙っていたが、劇団内のオーディションを勝ち抜いて役を射止めたのは、一緒に参加していた妹・優海さん。「自分はおばあさんの役で、すごく悔しかった」という。これを機に動きや話し方を自ら考え、試行錯誤するように。「登下校中も役のことで頭がいっぱいでした」と当時を振り返る。するとその演技が評価され、全国の子どもミュージカルで著しい活躍をした人に贈られるアオトニー賞を受賞。「自分に自信が持てるようになり、演じることがより面白くなりました」と笑顔を見せる。

 ○…稽古が佳境を迎える一方、大学進学を控えた勉強にも余念がない。「今後も演劇やミュージカルを続けるかは決めていない」というが「劇団が好きだから人前に立つ勇気を持てた。こどもミュージカルは参加する全員が輝ける場所で、私の青春そのものでした。卒業しても応援していきたい」と笑顔で語った。

鎌倉版の人物風土記最新6

板生 郁衣さん

西洋哲学の入門書『14歳からの哲学サロン』(銀の鈴社)を出版した

板生 郁衣さん

浄明寺在住 74歳

2月19日号

堀米 剛さん

「鎌倉みんなのスタジアム」事業を中心となって進める

堀米 剛さん

笹目町在住 41歳

2月5日号

岡田 厚さん

『鎌倉の谷戸と廃寺&古絵図』を自費出版した

岡田 厚さん

西鎌倉在住 73歳

1月29日号

石井 里枝さん

鎌倉の日常を描いた日本画の個展「新春・鎌倉 我楽多市」を開催する

石井 里枝さん

七里ガ浜東在住 56歳

1月8日号

米澤 寿人(ひさと)さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

米澤 寿人(ひさと)さん

今泉在住 34歳

1月1日号

十文字 美信さん

写真家で「鎌倉プロモーションフォトコンテスト」の審査委員長を務める

十文字 美信さん

雪ノ下在住 73歳

12月18日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク