鎌倉版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

フラワーセンター 「日比谷花壇」が新愛称に 再開控え命名権協定結ぶ

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
拡張されるしゃくやくエリア(写真は昨年)
拡張されるしゃくやくエリア(写真は昨年)

 神奈川県は2月27日、現在改修中で4月1日に再開する県立フラワーセンター大船植物園の新たな愛称が「日比谷花壇大船フラワーセンター」に決まったと発表した。

 県によると、愛称に含まれる「日比谷花壇」とは、都内に本社を置く花卉小売業者の名で、指定管理者として4月から同園の管理業務を担う「(株)日比谷アメニス」(本社・東京都港区)のグループ企業。結婚披露宴での会場装花による空間演出などで高い人気を誇り、同業界のリーディングカンパニーとして知られている。

 園の再開を前に、県は日比谷アメニスとの間で「ネーミングライツパートナーに関する協定」を締結(契約期間は2023年3月31日までの5年間)。各地の公園・緑地などの施工管理を行う同社が愛称を提案し、県の担当者や有識者らによる選定委員会の審査を経て決定した。

 選定理由について、県は「知名度、ブランド力があり、県民にとっても親しみやすい名称。花や緑に関する事業を行っていることから、フラワーセンターのイメージにも合っている。今後『日比谷花壇』のブランド力を生かした取り組みが期待できる」としている。

バリアフリー化も

 同園は、施設の老朽化や展示内容の充実を目的に、昨年7月から今年3月31日まで一時閉園し、改修工事を行っている。県農政課によると、改修後は、しゃくやく・ぼたん園が約1・5倍に拡張されるほか、約20本の桜が楽しめる「玉縄桜広場」を新設。また、本館にエレベーターを設置するなどバリアフリー化も進めている。同課は「これまで以上に多くの人に来園してほしい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

西田幾多郎の業績後世に

西田幾多郎の業績後世に 文化

記念歌碑を再設置へ

6月18日号

北園選手が五輪内定

徳洲会体操クラブ

北園選手が五輪内定 スポーツ

逆転で最後の1枠つかむ

6月18日号

観光客数 前年比61%減

観光客数 前年比61%減 経済

1千万人以上少なく 

6月11日号

第3回予約17日から受付

新型コロナワクチン

第3回予約17日から受付 社会

24カ所にサポート会場

6月11日号

80歳以上を優先予約

新型コロナワクチン

80歳以上を優先予約 社会

対象者にハガキを郵送

6月4日号

歩いてアプリで健康管理

歩いてアプリで健康管理 社会

貯めたポイントで景品も

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter