鎌倉版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

フラワーセンター 「日比谷花壇」が新愛称に 再開控え命名権協定結ぶ

社会

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena
拡張されるしゃくやくエリア(写真は昨年)
拡張されるしゃくやくエリア(写真は昨年)

 神奈川県は2月27日、現在改修中で4月1日に再開する県立フラワーセンター大船植物園の新たな愛称が「日比谷花壇大船フラワーセンター」に決まったと発表した。

 県によると、愛称に含まれる「日比谷花壇」とは、都内に本社を置く花卉小売業者の名で、指定管理者として4月から同園の管理業務を担う「(株)日比谷アメニス」(本社・東京都港区)のグループ企業。結婚披露宴での会場装花による空間演出などで高い人気を誇り、同業界のリーディングカンパニーとして知られている。

 園の再開を前に、県は日比谷アメニスとの間で「ネーミングライツパートナーに関する協定」を締結(契約期間は2023年3月31日までの5年間)。各地の公園・緑地などの施工管理を行う同社が愛称を提案し、県の担当者や有識者らによる選定委員会の審査を経て決定した。

 選定理由について、県は「知名度、ブランド力があり、県民にとっても親しみやすい名称。花や緑に関する事業を行っていることから、フラワーセンターのイメージにも合っている。今後『日比谷花壇』のブランド力を生かした取り組みが期待できる」としている。

バリアフリー化も

 同園は、施設の老朽化や展示内容の充実を目的に、昨年7月から今年3月31日まで一時閉園し、改修工事を行っている。県農政課によると、改修後は、しゃくやく・ぼたん園が約1・5倍に拡張されるほか、約20本の桜が楽しめる「玉縄桜広場」を新設。また、本館にエレベーターを設置するなどバリアフリー化も進めている。同課は「これまで以上に多くの人に来園してほしい」と話している。

鎌倉版のトップニュース最新6

再開館を10月に延期

鎌倉生涯学習センター

再開館を10月に延期 社会

耐震工事に遅れ

1月17日号

2022年「大河」は北条義時

2022年「大河」は北条義時 文化

『真田丸』三谷さん脚本

1月17日号

花火大会が中止に

花火大会が中止に 文化

五輪で警備体制整わず

1月10日号

「広域連携で課題解決へ」

新春市長インタビュー

「広域連携で課題解決へ」 政治

ごみ処理施策など語る

1月10日号

1530人が門出迎える

令和最初の成人のつどい

1530人が門出迎える 文化

1月10日号

東京五輪、聖火ルート決定

東京五輪、聖火ルート決定 社会

由比ガ浜から八幡宮まで

1月1日号

本庁舎開庁「2028年度に」

新春市長インタビュー

本庁舎開庁「2028年度に」 政治

従来方針から3年の遅れ

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク