鎌倉版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

オーボエ奏者でコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」を主催する 吉井 瑞穂さん 小町在住 44歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

「鎌倉を文化が響くまちに」

 ○…主催するコンサートシリーズ「レゾナンス『鎌倉の響き』」が、この4月に4回目を迎える。今回は昨年開館したばかりの歴史文化交流館が会場となるほか、覚園寺を舞台にクラシックと三味線、コンテンポラリーダンスがコラボレーションするなどユニークな企画が並ぶ。「その場の空気や匂いが感じられるような『鎌倉ならでは』の演奏会を目指しています。多くの人に楽しんでもらえたら」と笑顔を見せる。

 ○…鎌倉で生まれ育つ。5歳でピアノを始め、中学入学後に市内在住で読売日本交響楽団の主席奏者だった井口博之さんに師事して、オーボエと出合った。「とにかく先生が魅力的で、技術以上に『音楽を楽しむこと』を教わりました」と当時を振り返る。やがてその才能は開花し、19歳でドイツに留学。コンクールで入賞を重ねるとともに、数々の名門オーケストラとも共演を果たすなど、国際的に活躍してきた。

 ○…世界中を飛び回る日々のなかでも「自分のなかでは常に鎌倉が一番大切な場所でした」という。だからこそ、その変貌に危機感があった。「増えるのは食べ物と土産物の店ばかり。これではまちが滅んでしまう」。鎌倉出身のトランペット奏者、佐藤友紀さんらとともに「生活のそばにあるコンサート」を目指して「鎌倉の響き」の第1回が2015年に実現。以降、年1回開催してきた。

 ○…昨年3月、拠点としてきたドイツから、イギリス人声楽家の夫と5歳の息子とともに鎌倉に戻った。「夫も鎌倉が大好き。鎌倉でなかったら日本に住むといってもOKしてもらえなかったでしょうね」と笑う。現在も1年の3分の1は海外での公演だが「鎌倉を世界に誇る文化のまちにする」という思いを実現するため故郷を選んだ。「私ができるのは小さなことかもしれない。でもその輪を広げていけば、大きな力になるはず」。新たな夢を人生かけて追い続けるつもりだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

鮎沢 尚(ひさし)さん

地域限定メディア「The Sunrise鎌倉」を発足させた

鮎沢 尚(ひさし)さん

笹目町在住 44歳

11月20日号

吉倉 正司さん

11月1日付でJR鎌倉駅の駅長に就任した

吉倉 正司さん

横浜市在住 58歳

11月13日号

春吉 陽子さん

手話通訳士で10月から市長定例会見の同時通訳を担当する

春吉 陽子さん

山崎在住 41歳

11月6日号

荒 省三さん

鎌倉文学館のバラ園の維持管理を16年にわたって担当する

荒 省三さん

長谷在住 81歳

10月30日号

ひぐち かよさん

鎌倉警察署が企画した「詐欺退散」御朱印の絵を描いた

ひぐち かよさん

腰越在住 38歳

10月23日号

木田 浩理(ひろまさ)さん

データの分析・活用と人材育成についての著書を出版した

木田 浩理(ひろまさ)さん

台在住 40歳

10月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク