鎌倉版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

フラワーセンター 改修終え4月1日再開 玉縄桜広場など新設

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
新たに整備された玉縄桜広場
新たに整備された玉縄桜広場

 老朽化による大規模改修工事が続いていた県立フラワーセンター大船植物園が4月1日(日)に再開する。鑑賞エリアの拡張や本館のバリアフリー化などの整備を進めたほか、当日はさまざまな記念イベントを予定している。

 同園は県内の花卉園芸の普及などを目的として、1962年、県農業試験場跡地に開設され、今年で56年目。2016年には累計の総入園者数が1500万人に到達するなど、長年にわたり人気を博している。

 4月1日からは「(株)日比谷アメニス」(本社・東京都港区)が指定管理者となり、「日比谷花壇大船フラワーセンター」の愛称で再開する。同園で誕生した玉縄桜約20本が並ぶ広場が新設されたほか、しゃくやく・ぼたん園を約1・5倍に拡張。同園で品種改良した大船系のしゃくやくのほか、新品種も多数展示する。5月上旬が見頃となるが、同園によると「今年は3月から、例年に比べて温暖な気候が続き、少し早く開花するのではないか」とみられている。

 また、バリアフリー化の取り組みとして、本館近くのスロープ幅を広げたほか、同館にエレベーターを新設。2階のホールで開催されるセミナーなどに、車イス利用者も容易に参加できるよう工夫を凝らした。

記念イベントも

 再開日はオープン記念として入園無料。午前9時からは入園口などで記念式典が開かれ、テープカットが予定されている。式典後は芝生広場で、先着300人に季節の花苗をプレゼントする。

 芝生広場では10時から音楽コンサート、午後1時からはフラダンスショーなども楽しめる。さらに3時からは、地元の小学生たちのジャズバンド「植木リトゥル・エコー・アンサンブル」が演奏を披露する。

 また、鎌倉野菜も販売されるほか、観賞温室(新名称グリーンハウス)では、同園の歴史を物語る写真展なども開かれる。

 4年間務めた園長職を3月末に退任する山元恭介さんは「これからは民間のノウハウを生かし、さまざまなイベントが行われる。いつ来ても一年中きれいな花を楽しめる場所として、さらに魅力的な園になった。多くの人に来場してほしい」と呼び掛けている。入園料、休園日などの問い合わせは同園【電話】0467・46・2188へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

全市民にクーポン配布へ

新型コロナ経済対策

全市民にクーポン配布へ 経済

10月末に1人3千円分

7月17日号

コロナ収束うちわで祈願

コロナ収束うちわで祈願 文化

売上一部を市基金に寄付

7月17日号

「近距離観光」に商機あり

「近距離観光」に商機あり 経済

地元有志が「まち歩き」企画

7月10日号

小型家電、宅配で回収

鎌倉市

小型家電、宅配で回収 社会

リサイクル事業者と協定

7月10日号

改修記念し鎌倉彫展示

江ノ電鎌倉駅

改修記念し鎌倉彫展示 文化

近世から現代へ歴史表現

7月3日号

独自ルールで異例の夏へ

独自ルールで異例の夏へ 社会

市が海岸安全対策を決定

7月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月17日号

お問い合わせ

外部リンク