鎌倉版 掲載号:2018年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

3年間のイタリア留学を終え、4月21日に市内で帰国記念公演を開くオペラ歌手 藤田 彩歌さん 鎌倉市出身 30歳

「歌で心に彩りを」

 ○…文化庁の新進芸術家海外研修制度を利用して約3年間イタリアに留学し、最高峰と言われるミラノ・ヴェルディ音楽院大学院オペラ科を首席で修了した。4月21日(土)には鎌倉生涯学習センターホールで記念公演を開催する。「小さい頃から30回近く立った思い出のホール。成長した姿を地元の皆さんに見てもらいたい」と語る。

 ○…音大出身の母の影響で、5歳からピアノを始めた。その一方、中学、高校では演劇部に所属。当時、ミュージカルに感銘を受け、「自分も歌唱力を向上させたい」と市内の教室で声楽も学び始めると、その才能を見出され、講師から歌の道を薦められた。次第にオペラ歌手への夢が膨らみ、東京藝術大学では声楽科、同大学院ではオペラ科で学んだ。大学院での公演では、衣装制作なども経験。「オペラには役者と裏方が一体になって創り上げる面白さがある」と総合芸術としての奥深さに一層のめり込んでいった。

 ○…「本場で学びたい」と渡ったイタリア・ミラノでは、現地の大学院での厳しい稽古が続いた。そうした日々を支えてくれたのが、ホームステイ先の家族。「イタリア人は日常的にハグやキスをするなど、愛情表現が本当に豊か。私のことも家族同様に接してくれたので、ホームシックには全くならなかった」と笑って振り返る。引退した音楽家のための老人ホームで歌を披露する機会にも恵まれ「一線で活躍した大ベテランたちの前で何度も歌うことで、舞台度胸が付いた」。2016年にミラノで行われた日伊国交150周年記念式典ではソリストとして日本の民謡を歌い上げ、両国の聴衆を魅了した。

 ○…今年1月に帰国。料理が趣味で、本場仕込みのイタリア料理やスイーツを作ることも多いという。今後については「今の自分に満足せず、公演を続けて多くの人にオペラの魅力を伝えたい」。溢れる情熱を歌声に込めて挑戦は続く。

鎌倉版の人物風土記最新6件

瀬戸 たまさん

全日本武術太極拳選手権大会で3位入賞を果たした

瀬戸 たまさん

9月21日号

織田 百合子さん

今号で最終回を迎えた本紙連載コラム『鎌倉と源氏物語』の筆者

織田 百合子さん

9月14日号

池照 貫吾さん

今年プロに転向した高校生ウインドサーファー

池照 貫吾さん

9月7日号

ネーム エレンさん

市で初の国際交流員として鎌倉市役所に勤める

ネーム エレンさん

8月31日号

齋藤 彰さん

『材木座郷土誌』の編集長を務めた

齋藤 彰さん

8月24日号

佐藤 ハンナさん

第21代高校生平和大使として活動する

佐藤 ハンナさん

8月17日号

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鶴岡八幡宮の神宝、一堂に

鶴岡八幡宮の神宝、一堂に

鎌倉国宝館で特別展

9月7日~10月14日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク