鎌倉版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

自転車ルール3カ国語で 外国人向けに案内配布

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
案内を手にPRする関係者ら
案内を手にPRする関係者ら

 鎌倉警察署はこのほど、鎌倉市・鎌倉市観光協会と共同で、外国人観光客を対象に自転車の交通ルールやマナーについてまとめた3カ国語の案内1000枚を製作した。7月20日からレンタサイクル店や観光協会等で配布をしている。

 近年、外国人観光客が急増している鎌倉。同署交通課によると、「進入禁止の場所を走っている」など、外国人観光客の自転車マナーやルール違反について住民らから苦情も増えてきているという。そこで同署では事故防止と住民の安全確保のために市や観光協会と話し合い、利用者が特に多い英語・中国語(北京語)・韓国語の3カ国語での案内製作を決定。神奈川県警本部の通訳センターに翻訳を依頼し、自転車のルールをまとめた案内を1000枚製作した。

 「国によって左側通行、右側通行など、そもそもの交通ルールの違いがある。間違っている認識がないケースもある」とし、案内には「自転車は車道が原則」「歩道は歩行者優先で車道寄りを走行」といった基本の交通ルールを掲載。スマートフォンや傘を持ちながらの運転が危険であることなどもイラストつきで呼びかけている。

 7月20日には、警察署、市役所、観光協会による案内の贈呈式が鎌倉駅東口の鎌倉レンタサイクル駅前店で行われた。同店の荒木政夫店長によると、店内には元々ルール周知のために外国語の案内を掲示し、利用時に注意を呼びかけているが、店に苦情が寄せられることも多いという。「多いときは1日の利用者の7割ほどが外国人。この案内があれば、利用者もルールをより理解しやすくなり、安全につながるのでは」と期待を寄せた。

 案内はレンタサイクル店や観光協会など、市内10カ所程度で配布予定。また同署では、今後案内のデータをホームページに掲載し、誰でもダウンロードできるよう検討を進めている。「ルール周知のため、必要とされる方にご活用いただけたら」と呼びかけている。

鎌倉版のトップニュース最新6

西田幾多郎の業績後世に

西田幾多郎の業績後世に 文化

記念歌碑を再設置へ

6月18日号

北園選手が五輪内定

徳洲会体操クラブ

北園選手が五輪内定 スポーツ

逆転で最後の1枠つかむ

6月18日号

観光客数 前年比61%減

観光客数 前年比61%減 経済

1千万人以上少なく 

6月11日号

第3回予約17日から受付

新型コロナワクチン

第3回予約17日から受付 社会

24カ所にサポート会場

6月11日号

80歳以上を優先予約

新型コロナワクチン

80歳以上を優先予約 社会

対象者にハガキを郵送

6月4日号

歩いてアプリで健康管理

歩いてアプリで健康管理 社会

貯めたポイントで景品も

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter