鎌倉版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

市役所移転問題 「住民投票条例制定を」 市民団体が署名提出

政治

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena
署名を提出するメンバー
署名を提出するメンバー

 鎌倉市が、市役所本庁舎を深沢地域整備事業用地に移転・整備する方針を決めたのに対し、住民投票で市民に是非を問おうという市民団体の共同代表らが10月5日、8521人分の署名を市選挙管理委員会に提出した。

   ◇ ◇ ◇

 この日提出されたのは、鎌倉市の本庁舎移転方針に反発する市民らによって発足した「市役所移転を問う住民投票の会」が9月1日から1カ月にわたり、受任者330人により市内で集めた署名。

 同会では地方自治法第74条に定める直接請求によって、市民に移転の是非を問う「住民投票」を行うための条例制定を目指し、6月から活動を行ってきた。

 直接請求に必要な有権者の50分の1(3005人)は大きく上回っているが、現在、提出された署名が有効かどうかの審査が選挙管理委員会によって行われている。期間は20日間。

 有効署名が必要数を超えた場合、松尾崇鎌倉市長に提出される。市長は20日以内に市議会を招集し、条例案の審議が行われる。条例が可決成立した場合、「遅くとも来年1月末までに住民投票が行われるのでは」と同会では見込んでいる。実施が決まれば、鎌倉市では初の事例となるという。

 同会では、「署名活動を進めるにつれ、移転問題についての市民の認識が高まっていると感じた。行政は一度立ち止まって、市民の声を聞いてほしい」とした。

 市では、現在の庁舎が築50年近く、老朽化していることや津波による浸水が想定されることから整備を検討してきた。今年3月末に決定した公的不動産利用促進方針には深沢への移転を正式に盛り込み、5月1日号の広報かまくらにも「本庁舎は深沢地域整備事業用地に移転します」と掲載。ただ、決定したかのような表現に、一部の市民からの反発も高まっている。

鎌倉版のトップニュース最新6

海水浴場 戦後初の中止

海水浴場 戦後初の中止 社会

県ガイドライン実行困難

6月5日号

コロナ対策など2.8億円計上

鎌倉市補正予算案

コロナ対策など2.8億円計上 社会

特別職、議員は期末手当削減へ

6月5日号

不安のなか手探りの再開

不安のなか手探りの再開 社会

感染対策との両立課題に

5月29日号

PCR集合検査場開設へ

PCR集合検査場開設へ 社会

医師会が運営6月1日から

5月29日号

飲食店支援企画に1303万円

飲食店支援企画に1303万円 経済

目標金額の4倍以上

5月22日号

オンラインHR(ホームルーム)実施へ

鎌倉市教育委員会

オンラインHR(ホームルーム)実施へ 教育

休校中の生活改善目指す

5月22日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月5日号

お問い合わせ

外部リンク