鎌倉版 掲載号:2018年10月12日号 エリアトップへ

覚園寺の第31代住職に就任した 仲田 順昌(じゅんしょう)さん 二階堂在住 45歳

掲載号:2018年10月12日号

  • LINE
  • hatena

苦しみ越え心に寄り添う

 ○…鎌倉幕府2代執権・北条義時が戌神将のお告げによって1218年に建てたとされる薬師堂を前身に、四宗兼学道場として創建された覚園寺。800年の歴史を持つ鎌倉有数の古刹の第31代住職に、このほど就任した。「30年にわたって住職を務めた父が『元気なうちに次の世代にバトンを渡したい』と任せてくれた。身の引き締まる思い」と語る。

 ○…十二所に生まれ育つ。幼い頃は「野山を駆け回り、森を探検する活発な子どもだった」という。高校、大学ではラグビーに熱中し、スクラムの最前列中央で活躍。より良い走り方や怪我をしにくいプレーを研究しようと、大学ではスポーツ科学を専攻した。「学んだ知識を生かし、将来はスポーツ用品メーカーで商品開発に携わりたいとの思いが芽生え、親の跡を継ぐべきかすごく悩んだ」と振り返る。

 ○…迷いを抱えたまま向かった高野山での1年間の修行が、人生を変えた。「10時間近く正座を続けるなど、科学的に見れば体に悪い座り方、歩き方をする毎日。最初はとても辛かった」という。それでも修行を続けるうち「どんな苦しみにも必ず意味があり、それを乗り越えることが力になる」と気付いた。「自分がスポーツに魅せられたのは、見る人に前向きな力を与えてくれるから。僧侶として悩める人の心に寄り添うことも、同じように勇気を与えられるはず」。仏道を進む覚悟が決まった瞬間だった。

 ○…修業を終え、覚園寺の僧侶となって20年。拝観者の案内や地域との交流行事などに奔走する。2児の父となった今、寺院の運営と子育てを両立させてきた父の大きさを改めて感じているという。「法要でも観光者の案内でも、父は何より人を大切にした。私も見習い、最善を尽くしたい」

鎌倉版の人物風土記最新6

荒賀 直子さん

市内山崎に開学する湘南鎌倉医療大学の学長に就任する

荒賀 直子さん

東京都在住 74歳

3月27日号

木村 吉貴さん

休校中の子ども向けに無料の「文章教室」を開催中のコピーライター

木村 吉貴さん

寺分在住 42歳

3月20日号

龍口 健太郎さん

日本で唯一の応援を事業とする会社「(株)令和応援団」を設立した

龍口 健太郎さん

由比ガ浜在住 26歳

3月13日号

江尻 敬さん

湘南日仏協会の会長を務める

江尻 敬さん

稲村ガ崎在住 71歳

3月6日号

長尾 宏道さん

建長寺の宗務総長に就任した

長尾 宏道さん

栃木県出身 63歳

2月28日号

浮嶋 敏さん

湘南ベルマーレのトップチーム監督としてシーズン開幕戦に臨む

浮嶋 敏さん

52歳

2月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

手紙書く時間を楽しんで

【Web限定記事】

手紙書く時間を楽しんで

「おうちで紙で伝える展」

5月1日~5月31日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク