鎌倉版 掲載号:2018年12月14日号 エリアトップへ

鎌倉生涯学習センター 耐震強度不足で休館へ 開館は27日まで

社会

掲載号:2018年12月14日号

  • LINE
  • hatena
昨年は約25万人が利用
昨年は約25万人が利用

 鎌倉市はこのほど、鎌倉生涯学習センター(小町)を12月28日以降、休館すると発表した。来年度に実施を予定している耐震改修工事の設計作業の過程で、強度不足が判明したため。市は耐震改修を施した上で2020年7月頃の再開館を目指すとするが、年間で延べ20万人以上が利用する施設だけに市民には戸惑いが広がっている。

 鎌倉生涯学習センターは7つの集会室とホール、音楽室、ギャラリーなどを設け、鎌倉駅東口から徒歩3分の立地の良さもあり、昨年度は延べ24万7922人が利用した。

 同施設は1982年に完成。「施設全体の安全性を高める必要がある」として、19年7月から約7カ月間をかけてホールと音楽室の耐震改修工事を行う予定で、今年度は設計作業を進めていた。

 しかしその過程で行われた耐震診断により、0・6以下で地震の際に倒壊の危険性があるとされる構造耐震指標(Is値)が、速報値ながら0・3未満となる可能性が11月27日に示された。

 そのため市は12月5日、「利用者の安全確保を図る必要がある」として、28日以降の休館を発表した。

 今後は19年7月から耐震改修工事が実施できるように、手続きを進めていくとする。工事期間は11カ月間を見込み、20年7月頃の再開館を目指すという。

 すでに27日までの予約が入っていた団体は、希望があれば使用が可能。ただ集会室は来年3月まで、ホールは来年6月までの予約が入っているため、職員が各団体に連絡し他の生涯学習センターの空き状況を紹介するなどの対応に追われている。

 市内で写真サークルを開催している女性は、毎月2回の勉強会や年1回の作品展を同施設で行ってきた。「年明けすぐの勉強会は近隣の施設を予約することができたが、そこにも他の団体から問い合わせや申し込みが殺到していると聞いた。今後も安定して開催できるか不安」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

5千円電子クーポン配布へ

5千円電子クーポン配布へ 経済

12月15日から利用可能

10月16日号

「困窮者世帯に食料を」

ふらっとカフェ鎌倉

「困窮者世帯に食料を」 社会

「パントリー」実施へ資金募る

10月16日号

免許返納者に助成券交付へ

免許返納者に助成券交付へ 社会

事故防止と外出機会増狙う

10月9日号

空撮映像、観光に活用へ

空撮映像、観光に活用へ 社会

ドローン協会が県と連携

10月9日号

宿泊施設へ手荷物配送

宿泊施設へ手荷物配送 経済

市観光協会が新サービス

10月2日号

スタンプ集めて地元応援

稲村ガ崎

スタンプ集めて地元応援 コミュニティ社会

24店参加の「ラリー」開催

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク