鎌倉版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

鎌倉市消防本部の消防長に就任した 芥川 忠さん 藤沢市在住 59歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

結束力高め”故郷”守る

 ○…昨年度、鎌倉消防署長を経験し、4月1日から市内約240人の消防職員を取りまとめる鎌倉市消防本部の消防長を任された。消防人生42年目での大役に「責任の重さを感じる。定年まであと1年。市民の生命・身体・財産を守るため、持てる力を全て出し尽くしたい」と力強く語る。

 ○…市内植木生まれ。180cmの長身を生かし、中高ではバスケットボール部で活躍した。「練習中は『水を飲むな』と言われた時代。うさぎ跳びの反復はきつかった」と振り返る。父親が鎌倉消防署に勤務していたこともあり、「緊急時には昼夜問わず、現場に駆けつける背中を見るうちに、いつしか憧れを覚えた」という。高校卒業後、市消防本部に入庁。スポーツで培った体力を発揮し、消防隊や救急隊など、これまで携わってきた仕事の半分以上は「現場」だった。「救助した人や家族から感謝の言葉や手紙をもらった時にはいつも、胸に熱いものが込み上げてくる。生まれ育ったまちを守れることを誇りに思う」

 ○…高齢化に伴い、市内の救急出動件数は2014年度から1万件を超え、右肩上がりに推移している。増え続ける需要に対応すべく、今後は高齢者宅を巡回して住宅用火災報知器の設置の呼びかけや若手職員の育成、消防団員の募集などに力を入れていくという。「1人でも多くの人を助けたい。そのためには市民の結束力を高め、地道な活動をしていかなければ」

 ○…休日はツーリングに出かけるのが息抜きだという。「いつ出動命令がでるか分からないのであまり遠出はできないけどね。同業者との情報交換の場にもなっている」。また、結婚31年目の妻に対して「今まで家のことは任せっきりだった。時間ができたら旅行に行ったりして恩返ししたい」と照れくさそうに笑った。

鎌倉版の人物風土記最新6

菱伊 里緒さん

6月26日に開幕する「アジアテコンドー選手権大会」に出場する

菱伊 里緒さん

西鎌倉在住 15歳

6月21日号

片桐 聖子さん

「納涼うちわ2019」の絵柄を描いた画家

片桐 聖子さん

七里ガ浜在住 51歳

6月14日号

黒木 伸太郎さん

鎌倉商工会議所青年部(YEG)の会長に就任した

黒木 伸太郎さん

茅ヶ崎市在住 42歳

6月7日号

鈴木 明さん

6月に作家による展示・販売会を開く「たまなわ暮らしの集い」の代表

鈴木 明さん

城廻在住 63歳

5月31日号

渡邊 幸夫さん

神奈川県社会保険労務士会藤沢支部の支部長に就任した

渡邊 幸夫さん

藤沢市在住 57歳

5月24日号

猪俣 秀彦さん

鎌倉警察署の新署長に就任した

猪俣 秀彦さん

雪ノ下在住 56歳

5月17日号

吉田 正道さん

建長寺住職・臨済宗建長寺派管長で4月1日から鎌倉市仏教会会長に就任した

吉田 正道さん

山ノ内在住 79歳

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク