鎌倉版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

腰越中 男子バレー部が地区制覇 チームプレーで勝利つかむ

スポーツ

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
優勝を喜ぶ部員たち
優勝を喜ぶ部員たち

 神奈川県中学校バレーボール選手権大会藤沢地区予選会男子の部決勝が5月3日、藤沢市立高倉中学校で開催され、鎌倉市立腰越中学校が優勝に輝いた。

 川崎や横浜など、県内7地区毎に競う予選会。各地区の優勝校には、6月1日(土)から開幕する県大会のシード権が与えられる。藤沢地区は鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市の15校が参加し、トーナメント戦で試合が行われた。

 全てストレート勝ちで決勝までたどり着いた腰越中だったが、「緊張で思うようなプレーができなかった。仲間に助けられた試合だった」と身長183cmのエース・新倉徹也さん(3年)。相手の高倉中に苦戦を強いられた。悪い流れを打破しようと、チーム1のムードメーカーという坂井俊太郎さん(3年)が、体を反らせて声を出す姿につられ、他の部員も大きな声援で仲間を鼓舞した。その後、大黒柱的存在のセッター・伊勢隼人さん(3年)をはじめとしたメンバーが、冷静に試合を進めた結果、25―13、28―26で地区制覇を果たした。

 「港町ならではの血が騒いでお祭りムードになった瞬間があった。この勢いだったら勝てると確信した」と顧問の廣部聡人教諭(39)。部長の珍田大我さん(3年)は「危ない場面もあったが、チームプレーで勝つことができた」と笑顔を見せる。

関東大会出場目指す

 強さの秘訣は、年間600セット以上行う練習試合という廣部顧問。「一戦一戦、丁寧に試合をこなし、技術力を高めている。保護者も協力的で、家族のように接していただき、とても感謝している」と話す。

 2、3年11人に加えこの春、1年14人が新たに入部。現在、逗子市立久木中学校で開かれる県大会に向け、課題の左攻撃に対応するブロックやレシーブを強化している。

 珍田部長は「まずは県ベスト8、最終的には関東大会初出場のため、チームを引っ張っていきたい」と意気込む。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「市民力で地域に安全・安心を」

「鎌倉ガーディアンズ」発足10周年

「市民力で地域に安全・安心を」 社会

6月21日号

11人が立候補表明

11人が立候補表明 政治

夏の参院選神奈川選挙区

6月21日号

アニメ「青ブタ」映画に

アニメ「青ブタ」映画に 文化

スタンプラリーも開催中

6月21日号

出産の不安、和らげて

出産の不安、和らげて 社会

建長寺で妊婦対象座禅会

6月21日号

数十年に一度の花咲かす

数十年に一度の花咲かす 文化

青蓮寺 アオノリュウゼツラン

6月21日号

腎移植患者の会が発足

腎移植患者の会が発足 社会

認知度向上目指す

6月21日号

本人に聞く認知症

本人に聞く認知症 社会

7月14日、鎌倉芸術館

6月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク