鎌倉版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

海岸トイレ入り口に段差 砂流出により数十cm

社会

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena
段差ができた由比ヶ浜のトイレ(5月17日撮影)
段差ができた由比ヶ浜のトイレ(5月17日撮影)

 鎌倉市内の海岸では近年、砂の流出により常設トイレの入り口と砂浜との間に数十cmもの段差が発生し利用者を悩ませている。市ではその度に整地作業を行っているが、しばらくすると再び砂が流出する「いたちごっこ」の状態が続く。スロープの補修など根本的な対策には費用面の課題もあり、市は対応に苦慮している。

 市内の海岸で常設トイレがあるのは由比ヶ浜と材木座。それぞれ2カ所ずつ設置されており、季節に関係なく自由に利用できるようになっている。

 問題が起きているうちの1つ、鎌倉海浜公園(由比ガ浜地区)の近くに設置されているスロープつきのトイレでは、ここ数年、潮の満ち引きや台風などにより、海岸の砂が大量に流出。その度に入り口と砂浜との間に段差が発生しているという。

 よく由比ヶ浜を利用しているというサーファーの男性は「ひどい時には段差が70cmほどになり、大人でも上ることが困難な場合があった」と話す。

 記者が取材に訪れた5月17日時点でも、約60cmの段差が確認できた。手すりにつかまって、無理やり段差を乗り越える利用者の姿もあり、子どもや高齢者、障害者が利用するのは困難な状況だ。

 市では、利用者からの連絡を受けると、状況を確認した上で、重機を使って別の場所から砂を運び、段差を無くす整地作業を行っている。しかし、時間が経つと天候などの影響で、再び段差が生じる状況が続いている。

 市観光課は「海開きまでに対策をしたいが、台風などのたびに砂が減り、作業が追い付かない」と頭を悩ませている。

 根本的な対策として、トイレのスロープや階段を延長する方法もあるが、同課によれば、車いすでも安全に利用できるゆるやかな傾斜を保つには、ある程度のスペースの確保が必要で、費用もかさむという。そのため、「現状は引き続き、整地による対応を可能な限りしていきたい」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク