鎌倉版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師 寺田 しのぶさん 藤沢市在住 56歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

己と戦い筆に祈り込める

 ○…今日から12月1日まで、鎌倉芸術館で仏画展を開催する。「仏画師という仕事は、アーティストではなく職人の領域」と語り、信仰にも似た敬意と伝統を受け継ぐ誇り、周囲への感謝や平和への祈りなど、様々な想いを胸に筆を走らせる。その過程を「修行」に例えつつ「楽しくてしょうがない」と屈託のない笑顔を見せる。

 ○…「幼い頃はペンと紙さえあればいくらでも時を過ごせた」と振り返る。一方で、指導者だった父の影響からソフトテニスに打ち込み、実業団チームのメンバーとして全国大会にも出場した。転機は2001年、友人の誘いで行ったカルチャーセンターで仏画講座を見付けたこと。父は書道家としても活動しており、墨と筆が身近だったことに加え「短大で学んだ油絵を活かせるかも、と軽い気持ち」で始めたという。しかし気付けば会社を辞め、絵一筋に生きるまでに。「繰り返しの毎日にふと立ち止まった時、将来何をして生きていきたいかと考え、手に取ったのが筆でした」とほほ笑む。

 ○…仏画は技法、描き方などの形式に従うことが鉄則。自身は平安密教絵画を主とするため、一門口伝やそれすら絶えて久しい技術も多く、1000年以上遡った調査が必要な依頼もあり、一作に1年から3年を費やすことはざら。「仏様を描く時は、拝む方の思いに耐えられる強さとともに、それを受け止める優しさが必要」と語る。

 ○…創作に没頭しすぎて体調を崩し、夫にSOSを発信したことも少なくない。そんなときの「エネルギー補給」は愛猫との触れ合い、国宝館などへの訪問だ。一人立ちして初の個展。「仏画には銘や作家名はつけません。私の作品というより、仏画そのものを広く知ってほしいですね」

鎌倉版の人物風土記最新6

横村 出(いずる)さん

「放下(ほうげ)小説佐橋ノ荘」を上梓した

横村 出(いずる)さん

由比ガ浜在住 59歳

9月24日号

北川 幸子(ゆきこ)さん

私設スペース「衣笠駅徒歩1分図書館」を運営する

北川 幸子(ゆきこ)さん

大町在住

9月17日号

山田 美奈都さん

大船のコワーキングスペース「はじまる学び場。」を運営する

山田 美奈都さん

37歳

9月10日号

古市 泰宏さん

メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンの基礎構造を発見した

古市 泰宏さん

寺分在住 80歳

9月3日号

岩城 徳郁(のりふみ)さん

鎌倉税務署長に就任した

岩城 徳郁(のりふみ)さん

60歳

8月27日号

飯笹 信和さん

鎌倉彫会館の館長に就任した

飯笹 信和さん

大町在住 56歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook