鎌倉版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

今日から12月1日まで鎌倉芸術館で個展を開催する仏画師 寺田 しのぶさん 藤沢市在住 56歳

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena

己と戦い筆に祈り込める

 ○…今日から12月1日まで、鎌倉芸術館で仏画展を開催する。「仏画師という仕事は、アーティストではなく職人の領域」と語り、信仰にも似た敬意と伝統を受け継ぐ誇り、周囲への感謝や平和への祈りなど、様々な想いを胸に筆を走らせる。その過程を「修行」に例えつつ「楽しくてしょうがない」と屈託のない笑顔を見せる。

 ○…「幼い頃はペンと紙さえあればいくらでも時を過ごせた」と振り返る。一方で、指導者だった父の影響からソフトテニスに打ち込み、実業団チームのメンバーとして全国大会にも出場した。転機は2001年、友人の誘いで行ったカルチャーセンターで仏画講座を見付けたこと。父は書道家としても活動しており、墨と筆が身近だったことに加え「短大で学んだ油絵を活かせるかも、と軽い気持ち」で始めたという。しかし気付けば会社を辞め、絵一筋に生きるまでに。「繰り返しの毎日にふと立ち止まった時、将来何をして生きていきたいかと考え、手に取ったのが筆でした」とほほ笑む。

 ○…仏画は技法、描き方などの形式に従うことが鉄則。自身は平安密教絵画を主とするため、一門口伝やそれすら絶えて久しい技術も多く、1000年以上遡った調査が必要な依頼もあり、一作に1年から3年を費やすことはざら。「仏様を描く時は、拝む方の思いに耐えられる強さとともに、それを受け止める優しさが必要」と語る。

 ○…創作に没頭しすぎて体調を崩し、夫にSOSを発信したことも少なくない。そんなときの「エネルギー補給」は愛猫との触れ合い、国宝館などへの訪問だ。一人立ちして初の個展。「仏画には銘や作家名はつけません。私の作品というより、仏画そのものを広く知ってほしいですね」

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

10月11日~14日まで「まぐろの日」にちなんだ限定商品を大放出!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

鎌倉版の人物風土記最新6

廣田 善幸さん

鎌倉バレーボール協会会長でこのほど神奈川県体育功労者として表彰された

廣田 善幸さん

藤沢市在住 73歳

1月24日号

光成 佳世さん

深沢中学校の通学路「危険マップ」を発案した

光成 佳世さん

梶原在住 42歳

1月17日号

大田 裕多佳さん

県私立学校教育功労者表彰を受賞した学校法人早見芸術学園の理事長

大田 裕多佳さん

小町在勤  65歳

1月10日号

牧田 芳明さん

(公社)鎌倉青年会議所の理事長に就任した

牧田 芳明さん

由比ガ浜在住 39歳

1月1日号

櫻井 純子さん

祖母の生き方を例に、終末期の医療福祉連携体制を考える催しを開く

櫻井 純子さん

岩瀬在住 42歳

12月20日号

飯森 範親さん

鎌倉芸術館で開催される「日本語で歌う『第九』歓喜の歌」を指揮する

飯森 範親さん

56歳

12月13日号

町田 隆彦さん

「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の会長を務める

町田 隆彦さん

由比ガ浜在住 56歳

12月6日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 12月20日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク