鎌倉版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

2020年度当初予算案 一般会計642億円に トイレ改修など4.8%増

政治

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市はこのほど、市議会2月定例会に提案予定の2020年度予算案を発表した。行政運営の基礎的な経費となる一般会計は、小中学校におけるトイレ改修や幼児教育の無償化に関する経費増などにより、前年度の当初予算に比べて4・8%増となる642億870万円となった。

 松尾崇市長が2月3日、定例記者会見を開いて明らかにしたもの。国民健康保険事業などの特別会計は0・9%減の508億7442・7万円で、一般会計と合わせた予算総額は、2・2%増の1150億8312・7万円となった。

 松尾市長は「予算編成にあたっては、災害対策や環境負荷の低減といった『守り』と、深沢地域整備事業、スマートシティ構想の策定などまちの未来に向けた『攻め』のバランスをテーマにした。第4期基本計画の初年度となる20年度は、次の時代へのスタートの年。住みたい、住み続けたい、子育てしたいと市民に選ばれる都市を目指す」と話した。

 「守り」の施策としては、昨年の台風被害を受けて、災害から市民の生命、財産を守る「強靭(レジリエンス)なまち」を掲げ、「鎌倉市の緑の基本計画」の改訂による緑の維持管理、「防災施設等管理台帳システム」に公開機能を追加した公開型GIS防災マップの運用開始、避難所で使えるパーテーション、簡易型シャワー、発電機の備蓄などを進める。

 そのほか、ペットボトルの発生抑制を目的としたウォーターサーバーの設置、レジ袋の削減などを通じた環境負荷の低減を目指す。

 特殊詐欺被害防止機能を有する機器の費用助成や、運転免許返納者にバス乗車券等の購入助成を行うなどの高齢者施策を進める。

 「攻め」の施策では、国の「GIGAスクール構想」に対応した市立小中学校のICT教育環境の整備・充実、市立小中学校全校の図書館への冷暖房設備設置のほか、放課後かまくらっ子を新たに7校で開設する。

 東京五輪を控え、鎌倉がホストタウンとなっているフランスの文化に触れる展示や交流会開催、ひきこもり支援、障害者の就労支援も進める。

 深沢地域の整備については「まちづくりガイドライン」の基本方針策定など、21年度の都市計画決定に向けた準備を進める、とする。

鎌倉版のトップニュース最新6

「感染防止へ観光控えて」

「感染防止へ観光控えて」 政治

松尾市長異例の呼びかけ

4月3日号

国重文・有形文化財に4件

国重文・有形文化財に4件 文化

正伝庵所蔵の木像など

3月27日号

4月1日一部通行再開へ

葛原岡・大仏ハイキングコース

4月1日一部通行再開へ 社会

台風被害から約半年ぶり

3月27日号

材木座交番 来年3月で廃止

材木座交番 来年3月で廃止 社会

県警の統廃合計画で

3月20日号

鎌倉走る4人を決定

聖火リレー県実行委

鎌倉走る4人を決定 文化

バレエの上野水香さんら

3月20日号

子ども服難民キャンプに

小坂小4年生

子ども服難民キャンプに 教育

パレスチナ問題学び支援活動

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク