鎌倉版 掲載号:2020年5月8日号 エリアトップへ

鎌倉駅 西口広場の再整備完了 待ち合わせスペース拡大

社会

掲載号:2020年5月8日号

  • LINE
  • hatena
喫煙所などが撤去され広々とした時計台前スペース
喫煙所などが撤去され広々とした時計台前スペース

 鎌倉市が昨年9月から行ってきた鎌倉駅西口駅前広場の再整備がこのほど完了した。待ち合わせスペースの拡大などを段階的に進めてきた同事業。担当者は「多くの利用者に安全で快適な環境を感じてほしい」と話す。

 1983年に整備されて以降、観光客を中心に待ち合わせや休憩場所、東口への地下道につながる動線として利用されてきた鎌倉駅西口駅前広場。約410平方メートルの限られた面積に植栽や喫煙所、ベンチなど多くの占有物が配置され、「混雑時には待ち合わせと通り抜けの利用者が交錯し、安全な歩行に支障をきたしていた」という。

 そこで市は、広場の再整備を「第3期基本計画 後期実施計画」(17年度〜19年度)の重点事業に位置付けた。広場のレイアウト変更に向け、17年に広場利用者へのアンケートなどを実施。18年2月に整備方針を策定し、昨年2月、市議会定例会の新年度予算案に関連費用を盛り込んだ。

 工費は約4500万円。昨年9月に着工し、人だまりスペースを確保しながら段階的に整備を進めた。遠足の児童の待機場所にもなっていることから、10月には時計台そばの喫煙所を廃止に。その後、広場内の時計台やサクラ、クスノキの場所はそのままに、その他の植栽などを縮小し、人だまりや通路用スペースを広く確保した。

 また市と協働で観光ガイド「ぶらり鎌倉マップ」を制作している団体「鎌倉・文化の森」などと共に市が新たな観光案内板を作成、設置したほか、広場と周辺の歩道との高低差を解消するバリアフリー化も図った。

 市市街地整備課は「これから市民や来訪者にとって、快適な空間として利用してもらえれば」としている。

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter