鎌倉版 掲載号:2020年7月24日号 エリアトップへ

フィルムコミッション始動 映画・ドラマ撮影をサポート

文化

掲載号:2020年7月24日号

  • LINE
  • hatena
左から大森会長、中井さん、山内さん、松尾市長=16日の設立式で
左から大森会長、中井さん、山内さん、松尾市長=16日の設立式で

 鎌倉ロケーションサービスの設立式が7月16日、鎌倉文学館で開催された。これは「鎌倉版フィルムコミッション」とも言える取り組みで、映画やテレビドラマ、CM等の撮影を市内に誘致したりサポートすることで、地域情報の発信や観光振興につなげることを目指す。

 県内でも横須賀市や藤沢市など複数の自治体が実施しているフィルムコミッション事業。

 今回の取り組みでは、鎌倉市観光協会(大森道明会長)内に鎌倉ロケーションサービスを設置する。同協会に撮影依頼があれば、鎌倉市が所有する鎌倉文学館や吉屋信子記念館などの施設のほか、民間の古民家等をロケ場所として提案。撮影が決まれば、施設利用の交渉や申し込み手続き、ロケハンの立会いといった業務を、委託先である一般社団法人鎌倉映画学校(木村吉貴理事長)が行う仕組みだ。

 鎌倉市国際観光親善大使で俳優の中井貴一さんも駆けつけるなか行われた設立式で大森会長は「フィルムコミッションは10年以上前から議論されてきたが、ようやく実現することができた。新型コロナウイルスの影響で世界的に人の往来が途絶えるなか、鎌倉の観光を元気づけていきたい」とあいさつ。松尾崇市長は「100年後の人が見た時に、当時の様子が分かるような取り組みができれば。これを契機に鎌倉の文化がさらに高みに登っていくことを期待している」と話した。

 また数々の小津映画でプロデューサーを務めた鎌倉映画学校の名誉顧問、山内静夫さんは「鎌倉らしさは有名でない細い路地にこそある。そうした部分に目を向けて鎌倉を愛してもらえたら」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ

釈迦堂口遺跡で崩落対策へ 文化

半世紀ぶり通行も検討

5月14日号

自宅療養者を地域で見守り

自宅療養者を地域で見守り 社会

医師会と訪問看護師が連携

5月14日号

最先端IT研究所に

野村総研跡地

最先端IT研究所に 社会

市 事業概要を発表

5月7日号

砂浜へのスロープ完成

由比ヶ浜海岸

砂浜へのスロープ完成 社会

バリアフリー化が前進

5月7日号

新人健闘7氏が議席獲得

鎌倉市議会議員選挙

新人健闘7氏が議席獲得 政治

投票率は48・73%

4月30日号

49カ所が「危険バス停」に

49カ所が「危険バス停」に 社会

国交省が新たに発表

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter