鎌倉版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

旧近代美術館が国重文に 「モダニズム建築の出発点」

文化

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
鶴岡八幡宮境内に建つ「旧神奈川県立近代美術館」撮影 新良太、写真提供 鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮境内に建つ「旧神奈川県立近代美術館」撮影 新良太、写真提供 鶴岡八幡宮

 国の文化審議会が10月16日に開かれ、旧神奈川県立近代美術館を国の重要文化財(建造物)に指定するよう、文部科学大臣に対して答申した。これにより鎌倉市内の国指定重要文化財(建造物)は23件となる。

 鶴岡八幡宮境内に建つ旧神奈川県立近代美術館は、1951年に日本初の公立近代美術館として誕生し、「カマキン」の愛称で市民にも親しまれてきた。

 設計を手掛けたのは20世紀を代表する近代建築家ル・コルビュジエに師事した坂倉準三で、今回の答申の内容でも「明快な動線により室内外を流動的に結び付け」ている点などを挙げ、「我が国戦後モダニズム建築の出発点となる建物として重要」と評価された。

市民の声受け保存

 一度は存続の危機に見舞われた。建物を所有していた県は当初、同宮との借地契約が終了する2016年3月までに解体した上で土地を返還する方針を示していた。

 しかしこれを知った市民らが署名運動を展開。2カ月で約1万6千人分を集め、県や鶴岡八幡宮に保存を要望した。

 こうした声を受けて県は15年に本館棟の保存を決定し、美術館が閉館した後の16年末に、建物を含む敷地が同宮に返還された。

 その後、耐震工事やバリアフリー化を施したうえで、19年6月に鎌倉の歴史や文化などの新たな発信拠点「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」として開館した。
 

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版のトップニュース最新6

渋滞解消アプリを提案

渋滞解消アプリを提案 社会

樋口さん兄弟が最終審査へ

2月26日号

1週間で10人増

新型コロナ市内陽性者

1週間で10人増 社会

累計582人に

2月26日号

一般会計は前年比29億円減

2021年度当初予算案

一般会計は前年比29億円減 政治

コロナ対策と将来施策を両立

2月19日号

「累計5万件」の安心をお届け

施工件数でわかる”信頼の証” 給湯器節水トイレ

「累計5万件」の安心をお届け 社会

急な故障の前にご相談を

2月19日号

小町大路に立体標示設置へ

小町大路に立体標示設置へ 社会

安心して歩ける道に改善

2月12日号

「村岡新駅」2032年頃開業へ

「村岡新駅」2032年頃開業へ 社会

藤沢─大船間 4者が合意

2月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク