鎌倉版 掲載号:2020年11月6日号 エリアトップへ

玉縄地区「栄光坂」 本復旧へ法面工事開始 来年3月中の両車線再開へ

社会

掲載号:2020年11月6日号

  • LINE
  • hatena
法面上部での樹木伐採作業=10月31日撮影
法面上部での樹木伐採作業=10月31日撮影

 昨年9月の台風15号によって発生した土砂崩れの影響で、車両の片側交互通行が続く玉縄交番前から玉縄台交差点までの区間(通称「栄光坂」)でこのほど、本復旧に向けた法面の工事が始まった。鎌倉市は来年3月中の工事終了と両側通行再開を目指している。

 土砂崩れが発生したのは、大船消防署玉縄出張所から約100mの場所。これにより玉縄交番前から玉縄台交差点までの区間が一時車両通行止めとなり、バスも迂回ルートでの運行を余儀なくされるなど、地域の交通に大きな影響が出た。

 市は土砂の流出を防ぐ防護柵を設置するなどの安全対策を実施したうえで、昨年11月17日から玉縄台から大船駅方面へと向かう「片側一方向のみ」で車両の通行を再開。現在もこの状態が続いている。

 この間市は本復旧に向けた地質調査や工法の決定を進め、市議会6月定例会で工事の予算約8500万円を盛り込んだ補正予算案が可決された。

 工事は10月26日に始まり、現在は法面上部の樹木の伐採が行われている。その後は土塊の除去や整形を施したあとでモルタル吹付を実施。ポケット式落石防護網や落石防護さくを設置する。

 市公的不動産活用課では「来年3月初旬には工事を終え、その後の検査などを経て同月中には両車線での通行再開を目指したい」としている。

昨年9月、がけ崩れ発生直後の様子
昨年9月、がけ崩れ発生直後の様子

鎌倉版のトップニュース最新6

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

「教育現場に外部の力を」

鎌倉市

「教育現場に外部の力を」 教育

連携へ資金募集開始

1月1日号

「新年度26億円の減収に」

新春市長インタビュー

「新年度26億円の減収に」 政治

リーマンショック並み予測

1月1日号

グローバル行政書士ネットワーク

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク