鎌倉版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

49カ所が「危険バス停」に 国交省が新たに発表

社会

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena
「西鎌倉入口」停留所の対策前(上)と、横断歩道を廃止した現在の様子
「西鎌倉入口」停留所の対策前(上)と、横断歩道を廃止した現在の様子

 横断歩道や交差点に近く、交通事故を誘発する恐れのある「危険なバス停」に関する調査結果が3月19日、国土交通省から公表された。鎌倉市内では、対策の優先度を示すABCの3段階でBランクが28カ所、Cランクが21カ所あった。このなかには、2018年に神奈川県警が独自に行った調査に基づいて近隣の横断歩道を廃止するなどした場所もあり、バス会社は「これ以上の対策は容易ではない」と困惑している。

 バス停の安全対策については、18年に横浜市のバス停そばで発生した小学生の死亡事故を受けて、全国的に問題視されるようになった。国交省では、19年末から21年1月にかけて、各バス会社に危険が予想されるバス停の抽出を依頼した。

 その結果、優先度が最も高いAランク(過去3年以内に停車したバスが要因となる人身事故が発生、またはバスが停車した際に横断歩道に車体がかかる停留所)は市内にはなかったものの、Bランク(停車した際に車体が横断歩道の前後5m、または交差点にかかる停留所)が28カ所、Cランク(停車した際に車体が交差点の前後5mの範囲にかかる、または地域住民などの意見や各都道府県の実情に応じて抽出した停留所)は21カ所となり、合計49カ所が該当した。

改善済バス停も再びリスト入り

 国交省はバス会社や警察、自治体などとともに合同の検討会を結成し、具体的な対策を検討していくという。

 しかし公表された停留所の中には、18年の県警の調査をきっかけに、すでに改善済みの停留所も含まれている。その中の一つ、今回Bランクとなった「西鎌倉入口」は、バス会社や鎌倉署、市による合同現地診断などを経て、20年11月、停車時に車体がかかっていた横断歩道を廃止した。

 しかし調査の基準が異なるため、再び名前が挙がったもので、江ノ電バスの担当者は「後方の横断歩道が5m以内にあるためBとなったようだが、前後に交差点もあり、停留所の移設や横断歩道廃止は難しいのでは」と困惑した様子で語った。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

ジャベリックスローで全国へ

ジャベリックスローで全国へ スポーツ

陸上・中務史也さん(大船中)

10月15日号

外部と連携し学び深める

外部と連携し学び深める 教育

小坂小・玉縄中で実践中

10月15日号

グラウンド、散策路継続

野村総研跡地

グラウンド、散策路継続 社会

アイネットが市民に説明

10月8日号

本庁舎移転など争点に

市長選

本庁舎移転など争点に 政治

10月17日投開票

10月8日号

立候補予定者が討論

市長選

立候補予定者が討論 政治

青年会議所、6日から配信

10月1日号

清泉音楽部が全国へ

清泉音楽部が全国へ 教育

昨年中止、2年分の思い込め

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook