鎌倉版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

海水浴場 今夏も開設中止 事故防止へ監視員は配置

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
由比ガ浜海岸=26日撮影
由比ガ浜海岸=26日撮影

 鎌倉市は5月26日、由比ガ浜、材木座、腰越の市内3海水浴場について「今夏の開設を断念する」と発表した。新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないなか「市民の理解を得ることが難しい」と判断した。ライフガードや警備員の配置といった安全対策は昨年に引き続いて実施するとしている。

 開設中止の理由として市は、4月19日から23日にかけて海岸に近い11自治会に対して行った聞き取り調査や、5月19日から23日までLINEで行った市民アンケートの回答がいずれも「開設に反対」する意見が大勢を占めたことを挙げる。

 同日行われた記者会見で松尾崇市長は「感染リスクが周辺やその往来の地域に及ぶ可能性があり、市民の不安を払しょくできない。残念だが、今年は来訪を控えてほしい」と話した。

 これに対し、海の家事業者が加盟する鎌倉市海浜組合連合会の増田元秀代表は「市とは開設を前提とした話し合いを続けてきたが、先週末に突然、中止の方針を知らされ困惑している。我々の立場としては市の決定を受け入れるしかないが、今後は専門家も交えながら補償について交渉していきたい」とする。

 ただ市は「コロナ禍で影響を受ける市内事業所の支援は引き続き行っていくが、海の家事業者だけの営業補償等は考えていない」とした。

 海水浴場が開設されなくても、訪れた人による水難事故やごみの放置などが発生する可能性もある。そのため、市はライフガードによる海岸の監視、看板や警備員による来訪者への注意喚起といった海岸での安全対策を「昨年以上に強化して行いたい」とした。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

部員が顧問の命救う

第一中バスケ部

部員が顧問の命救う 教育

胸骨圧迫、人工呼吸などで

7月23日号

障害者の社会進出後押し

鎌倉市

障害者の社会進出後押し 社会

条例制定し情報得やすく

7月23日号

前週比3.8倍に急増

鎌倉市内新型コロナ

前週比3.8倍に急増 社会

宣言下の1月に次ぐ多さ

7月16日号

五輪へ地元応援団結成

女子バレー島村春世選手

五輪へ地元応援団結成 スポーツ

腰越地区中心に200人

7月16日号

子どもも考える「動物愛護」

子どもも考える「動物愛護」 社会

小中学生が掲示板開設

7月9日号

倒木・がけ崩れ各地で

大雨被害

倒木・がけ崩れ各地で 社会

月平均2倍強の降水量

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter