鎌倉版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

鎌倉みんなのスタジアム 10月オープンへ工事着工 市民の「憩いの場」を併設

スポーツ

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
「みんなのスタジアム」完成予想図(上)と現在の建設予定地(下)
「みんなのスタジアム」完成予想図(上)と現在の建設予定地(下)

 鎌倉を拠点に活動するサッカークラブ鎌倉インターナショナルFC(鎌倉インテル)が中心となって進めている、市内初の人工芝グラウンド「鎌倉みんなのスタジアム」の建設工事が、このほど始まった。工事は9月中に終了し、10月11日の開設を予定する。

 深沢地域整備事業用地の一画(約1万平方メートル)を、鎌倉市による本格的なまちづくりが始まる2024年度まで「暫定利用」するかたちで、102m×64mというフルサイズのサッカーグラウンドを建設するこのプロジェクト。

 完成後は同クラブの練習拠点としてだけでなく、各種スポーツの会場、地域住民の交流拠点として、一般の人も利用可能になる予定で、約1000平方メートルのコミュニティスペースも併設する。昨年12月10日から今年3月まで行われたクラウドファンディングでは約3400万円が集まった。

 当初は今春のオープンを見込んでいたが、コロナ禍による資材高騰などもあり、設計内容の一部変更を余儀なくされていたという。

 6月24日には、同クラブの吉田健次GMとグラウンドの建設・運営を担う(一社)鎌倉スポーツコミッションの堀米剛代表理事が鎌倉市役所で記者会見を行った。

 この日の説明では、土地所有者との契約締結や鎌倉市との条例申請を終え、先週から工事が始まったこと、9月中に工事を終え、テストランを経て10月11日の「グランドオープン」を予定していることなどが明らかにされた。

 堀米代表は「まずは安全に工事を進め、完成の際は様々な競技での利用を仕掛け、多くの市民にとってスポーツの入口となるような場所にしたい」とし、吉田GMは「ようやく市内に拠点ができるということで、チームの強化にプラスになるのはもちろん、スクール事業などを通じてスポーツ文化を発信していきたい」と話した。

鎌倉版のトップニュース最新6

バスケクラブが受け皿に

バスケクラブが受け皿に スポーツ

「部活動の地域移行」見据え

7月1日号

おもちゃ病院が開業20年

おもちゃ病院が開業20年 文化

コロナ下も「診療」再開

7月1日号

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook