鎌倉版 掲載号:2021年8月20日号 エリアトップへ

鉄道ファン注目の返礼品 鎌倉市ふるさと納税

経済

掲載号:2021年8月20日号

  • LINE
  • hatena
会見に出席した(左から)モノレール・尾渡英生社長、松尾市長、江ノ電・中沢俊之取締役
会見に出席した(左から)モノレール・尾渡英生社長、松尾市長、江ノ電・中沢俊之取締役

江ノ電・タンコロ見学、モノレール・5000系方向板

 鎌倉市は9月1日から、ふるさと納税の新たな返礼品として鉄道関連の体験や限定品を加える。極楽寺車庫内で江ノ島電鉄の通称「タンコロ」に乗車できたり、他では購入できない湘南モノレール江の島線の全線開通50周年記念グッズが手に入ったりと、鉄道ファンにとってはうれしいお返しとなりそうだ。

 生まれ故郷や好きな自治体など応援したい街へ寄付すると、所得税と個人住民税から寄付金額の一部を納税控除する「ふるさと納税制度」。8月2日の市役所での定例記者会見で松尾崇市長は、江ノ島電鉄(株)と湘南モノレール(株)に感謝しつつ、「ふるさと納税は年々増えている。この仕組みを使い鎌倉の魅力を発信していければ」と語った。

 ふるさと納税のお返しとして江ノ島電鉄から今回提供される「タンコロ見学会」は、極楽寺の車庫にある108号車、通称タンコロへの乗車や写真撮影ができる。タンコロは1931(昭和6)年にデビューし、1980(昭和55)年まで運行。現在も動く状態で車庫に保存されている。

 タンコロ見学会は、20万円以上寄付の18組限定。行先表示板(レプリカ1枚)、タンコロの歴史や現役時代の走行シーンをまとめた専用冊子(非売品)も進呈する。

 湘南モノレールからは、寄付額に応じて「現役営業車両5000系方向板セット」(15万円以上/24セット限定)、「駅長体験」(1万2千円以上/78人限定)、寄付者がデザインしたヘッドマークを車両前面に付けて10日間運行する「オリジナルヘッドマーク装着・運行」(10万円以上/9件限定)の3種類。

 今回のふるさと納税の受付は、ポータルサイト「ふるさとチョイス」で9月1日午前10時から。先着順。(問)市企画課【電話】0467・23・3000

タンコロ(写真はイメージ/江ノ電エリアサービス株式会社提供)
タンコロ(写真はイメージ/江ノ電エリアサービス株式会社提供)

鎌倉版のトップニュース最新6

バスケクラブが受け皿に

バスケクラブが受け皿に スポーツ

「部活動の地域移行」見据え

7月1日号

おもちゃ病院が開業20年

おもちゃ病院が開業20年 文化

コロナ下も「診療」再開

7月1日号

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook