鎌倉版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

鎌倉市長選 松尾氏 出馬を表明 市庁舎移転に意欲

政治

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena
記者会見をする松尾崇市長=24日、市役所内
記者会見をする松尾崇市長=24日、市役所内

 松尾崇市長(47)は8月24日、鎌倉市庁舎内で記者会見を開き、任期満了に伴う鎌倉市長選挙(10月10日告示・17日投開票)に、無所属で出馬する意向を明らかにした。同選挙への出馬表明はNPO団体代表の寺田浩彦氏(59)に続いて2人目。    (25日起稿)

 松尾氏は鎌倉市議や県議を経て、2009年の市長選に立候補して、初当選。現在3期目。12年を振り返り、「行財政改革を最重要課題として取り組んできた。また子育て支援、災害対策にも力を入れ、3期目では共生条例を作ることができた」と実績を強調した。

 4期目挑戦を決めた理由について「多選への批判があることは分かっているが、引き続き市民の安心・安全を守りたい。総決算の4年間にしたい」と話した。

 政策について、市庁舎移転・跡地活用、新駅を含む深沢地区のまちづくりなどを掲げ、市庁舎については「深沢地区への移転を進める。4年間で工事着手まで行い、今後の道筋を確実なものにしたい」とし、跡地活用についても「市民が芸術、文化、市民活動を発信する拠点として活用できれば」とした。

 深沢地区については、「市役所、消防本部、総合体育館、サッカーやラグビーが行えるグラウンド、野球場、公園などをつくり、行政機関だけでなく、民間企業や商業施設も合わせたまちにしたい」とした。

個別収集へ取組み

 ごみ処理については、「新たなごみ焼却施設の建設は考えていない。逗子市、葉山町との広域化に取り組むとともに、将来を見据えて、もう少し広域な枠組みも模索したい」とし、戸別収集は「導入に向けて再度取り組みたい」と明かした。

 ほかに感染症拡大で大きく影響を受けた市内経済について、「市内でお金が循環する経済対策を考えていきたい」とし、児童・生徒の給食については、「市が負担する形で、地産地消やオーガニックといった食材を使い、栄養豊かな給食内容を考えている」とした。

 松尾氏はこれらの考えをまとめた内容を9月中に公表する。

 17年の前回選挙は、4人が立候補し、投票率は60・12%だった。
 

鎌倉版のトップニュース最新6

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

廃プラで街のベンチ制作

廃プラで街のベンチ制作 社会

慶應SFCが大町に研究所

6月10日号

SDGs、「Z世代」も動く

SDGs、「Z世代」も動く 社会

イベントに全国から150人

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook