鎌倉版 掲載号:2021年10月1日号 エリアトップへ

清泉音楽部が全国へ 昨年中止、2年分の思い込め

教育

掲載号:2021年10月1日号

  • LINE
  • hatena
全国大会では「自分たちらしい合唱」を目指す高等学校合唱部
全国大会では「自分たちらしい合唱」を目指す高等学校合唱部

 清泉女学院中学校・高等学校の音楽部がそれぞれ、10月30日(土)・31日(日)に大分県で行われる「第74回全日本合唱コンクール全国大会」に出場する。中学校は14度目、高校は9度目の全国大会。南佑奈部長(高2)は「コロナ禍で苦しんでいる人にも、合唱を通じて感動を届けられれば」と抱負を語る。

 中高の音楽部は9月18日・19日に埼玉県で行われた関東大会のそれぞれの部門で、金賞を受賞。全国出場を決めた。

 昨年は新型コロナのため中止となり、2年ぶりの開催となる全国大会。同部もこの1年半は思うような練習ができなかった。個人練習やパートごとのオンラインレッスンなど歌える環境を整えてきたが、全員で歌声を合わせられるまでには時間がかかった。

 今も練習は部員同士間隔を空け、マスクをつけて行う。「コロナ前は、隣りの人の息遣いがわかり、互いに空気を震わせる感覚があったが、今はない。でも一緒に歌える喜びを表現できれば」と副部長の市野愛美里さん(高2)と、練習責任者の西田凪沙さん(同)。

 全国大会で披露する自由曲は「バビロン川のほとりで」「ディエス・イレ」の宗教曲など。ラテン語の歌詞も歌う。指導する顧問の佐藤美紀子教諭は「正確な音だけ気にするのではなく、歌詞の意味も深く考え表現できるよう意識している。自分たちらしい『清泉サウンド』を表現してほしい」と話す。

鎌倉版のトップニュース最新6

「キセキの動画」公開

青年会議所

「キセキの動画」公開 社会

22組のピアノ演奏つなぐ

12月3日号

先輩の思いと共に全国へ

鎌女大中・高マーチング部

先輩の思いと共に全国へ 教育

33回目の金賞目指す

12月3日号

大河ドラマ館が3月開設

大河ドラマ館が3月開設 文化

鶴岡八幡宮内の文華館に

11月26日号

住民署名「交番残して」

山ノ内地区

住民署名「交番残して」 社会

廃止反対訴え議会へ陳情

11月26日号

ジェラートの世界大会へ

ジェラートの世界大会へ 文化

御成町のSANTi

11月19日号

大賞に松田君、塩田さん

大賞に松田君、塩田さん 教育

774点応募「こども文学賞」

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook