鎌倉版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

市長選 本庁舎移転など争点に 10月17日投開票

政治

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う鎌倉市長選挙は10月10日(日)告示、17日(日)に投開票される。これまでにいずれも無所属の現職・新人合わせて4人が立候補の意向を示しており、市役所本庁舎の移転・建て替えや深沢地区の開発などが争点になりそうだ。        (10月6日起稿)

 現職の松尾崇氏(48)は、4期目を目指す。「市役所移転、村岡新駅を含む深沢地区のまちづくり、北鎌倉隧道など残っている課題について、この4年間で道筋を付けたい」とする。

 一方、新人のNPO代表の寺田浩彦(59)は、ごみ処理場問題を解決する「ゴミ焼却銭湯コミュニティ構想」や世界遺産登録の再挑戦、大学新設、自転車政策の推進など独自の政策を掲げる。

 「市民、市職員、議会と一緒になって改革を進めたい」と語るのは、元鎌倉市議会議長の中沢克之氏(55)。コロナ禍で苦しむ市内業者への運転資金融資をあげ、生活を守る姿勢を見せる。

 主婦で由比ガ浜西自治会会長の兵藤沙羅氏(46)は、「大型開発より市民の暮らしの救済を」とし、有機食材による学校給食の提供、ジェンダーバランスの推進などを掲げる。

 最終的な立候補者は告示日に届出して決定。

鎌倉版のトップニュース最新6

ジャベリックスローで全国へ

ジャベリックスローで全国へ スポーツ

陸上・中務史也さん(大船中)

10月15日号

外部と連携し学び深める

外部と連携し学び深める 教育

小坂小・玉縄中で実践中

10月15日号

グラウンド、散策路継続

野村総研跡地

グラウンド、散策路継続 社会

アイネットが市民に説明

10月8日号

本庁舎移転など争点に

市長選

本庁舎移転など争点に 政治

10月17日投開票

10月8日号

立候補予定者が討論

市長選

立候補予定者が討論 政治

青年会議所、6日から配信

10月1日号

清泉音楽部が全国へ

清泉音楽部が全国へ 教育

昨年中止、2年分の思い込め

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook