鎌倉版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

大河ドラマ館が3月開設 鶴岡八幡宮内の文華館に

文化

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
会場の鎌倉文華館(市提供)
会場の鎌倉文華館(市提供)

 鎌倉市は11月22日、2022年1月放送開始のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の世界観を楽しめる大河ドラマ館を、3月1日(火)から鶴岡八幡宮境内の「鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム」内に開設すると発表した。

 大河ドラマ館は、あらすじや出演者、物語を深掘りする裏話などの情報、撮影に使った衣装や道具を展示し、物語の世界観を楽しめる施設。これまでも大河ドラマの舞台となった各地域で開設されている。

 鎌倉市では、今年2月に大河ドラマ「鎌倉殿の13人」鎌倉市推進協議会(久保田陽彦会長)を立ち上げ、市内の事業者らと協働で事業を進めてきた。ドラマ館もその事業の1つで、物語の舞台が鎌倉に移るタイミングに合わせ、3月1日の開設が決まった。

 期間は23年1月9日(月)まで。市は約5億5千万円の予算を投入し、入館料収入で賄う。集客目標は50万人。松尾崇市長は「協議会ではキャラクター商品の開発なども進めている。コロナ下の経済対策として、状況をみながら商工会議所や観光協会と連携し、今後具体的な取り組みを示していきたい」と話した。

 また、課題となっているオーバーツーリズムについても「約20カ所あるドラマゆかりの場所など、観光客の分散を促し課題解消につなげたい」として、各所への案内板の設置やモデルコースの設定、ガイドツアーの構築などに取り組んでいることを発表した。

鎌倉版のトップニュース最新6

ワクチン接種協力に感謝状

ワクチン接種協力に感謝状 社会

市から13の個人・団体へ

1月28日号

地元で強まる反対姿勢

地元で強まる反対姿勢 社会

「山ノ内交番」廃止問題

1月28日号

「鎌倉全域を楽しんで」

鎌倉農泊協議会

「鎌倉全域を楽しんで」 経済

スタンプラリーなど実施

1月21日号

改修工事し文化財保存

材木座公会堂

改修工事し文化財保存 社会

100年先を見据え

1月21日号

コロナ感染、前週比9倍に

コロナ感染、前週比9倍に 社会

鎌倉でも年明け急増

1月14日号

「鎌倉殿の13人」スタート

「鎌倉殿の13人」スタート 社会

コミカルな中に凄惨さ

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松竹記念作など上映

鎌倉同人会

松竹記念作など上映

3月9日 鎌倉芸術館で

3月9日~3月9日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook