鎌倉版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

「鎌倉大仏前マルシェ」の実行委員長 井出 朋子さん 腰越在住

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

「おいしい」の伝道師

 ○…「おいしいものに出会える火曜日」。そう銘打って昨年10月にスタートさせた『鎌倉大仏前マルシェ』は、月に数回、鎌倉観光会館で火曜に開催している。1月も18日と25日に予定し、「青みかんドレッシングに天然酵母パン、その日の搾り立て牛乳などおいしいものがいっぱい」と語り、1人でも多くの来場を期待している。

 ○…マルシェ立ち上げのきっかけは、コロナ禍で大幅に減少した観光客。「空き店舗もあり、特に平日は閑散としている」という大仏通りの観光会館で、自身も昨年9月に全国の食品を販売する店「ウォーク&ファインド鎌倉」を開業したが、営業はままならず。「まず足を運んでもらうきっかけとして、周りのお店に声をかけてマルシェを始めたんです」。その前向きな行動に市内外の生産者も呼応し、イベントには毎回10店ほどが出店している。

 ○…生まれは島根県。近所の海と山を駆け巡り、ピアノやフルートにも熱中した。高校卒業後は上京し、カメラメーカーに就職。33歳での出産を機に退職し、子どものごはん作りによって「食」に目覚めた。「もともと食べることは好きだったけれど、栄養やバランスを考えるようになり食の大切さに気づいた」。児童養護施設に勤務し、資格も野菜ソムリエ、食育インストラクター、調理師を取得。さらに、50歳を過ぎてから起業した。その会社では島根の食品も扱うため、故郷からふるさと親善大使に任命されている。

 ○…「食のパワーはすごい。笑顔になるし、免疫もつく。マルシェでおいしいものを共有し、街が元気になれば」と前を見据える。今の楽しみは、イベントで生産者と来場者が交流する姿に触れることと、夫の手作りパスタを食べることだ。

鎌倉版の人物風土記最新6

永井 健一さん

4月から鎌倉芸術館の館長を務める

永井 健一さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

藤原 大さん

5月末までの「江の島国際芸術祭」で総合監督を務める

藤原 大さん

県内在住 56歳

4月29日号

栗山 聖さん

鎌倉インテルの主将を務める

栗山 聖さん

大船在住 24歳

4月22日号

小川 貴司さん

湘南モノレール(株)の社長に就任した

小川 貴司さん

東京都在住 56歳

4月15日号

佐藤 公美さん

地域と連携する「MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉」の店長を務める

佐藤 公美さん

横浜市在住 38歳

4月8日号

長南 光紀さん

鎌倉商工会議所青年部の新会長に就任した

長南 光紀さん

材木座在住 46歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook