鎌倉版 掲載号:2022年4月22日号 エリアトップへ

鎌倉市 共生社会へロボット活用 障害者の雇用創出に

政治

掲載号:2022年4月22日号

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ松尾市長と(株)オリィ研究所・吉藤健太朗CEO
協定を結んだ松尾市長と(株)オリィ研究所・吉藤健太朗CEO

自宅から遠隔操作で接客

 多様性を認め、すべての人が自分らしく暮らすことのできる社会-。共生社会の実現を目指す鎌倉市は、障害者の在宅就労の可能性を探るため、「遠隔操作ロボットの活用に関する協定」を(株)オリィ研究所(東京都)と4月18日に締結した。

 外出や就労が難しい障害者の、遠隔操作ロボットを通じた在宅就労を推進する今回の協定。鶴岡八幡宮境内の大河ドラマ館で開かれた協定式では、オリィが開発した遠隔操作ロボット「OriHime(オリヒメ)」によるデモンストレーションも披露された。

 島根県で車いす生活を送る女性が、自宅のパソコンでロボットを操作し、ドラマ館の来場者を想定して接客した。みやげ品を説明する女性と来場者がロボットを通して会話するだけでなく、操作によってロボットの手を上げ下げしたり、うなずいたりして感情も表現。ロボットが女性の分身として、ドラマ館のスタッフとなった。

 その様子を見た松尾崇市長は「障害者雇用に向けて大きな可能性を感じる」と言い、「テクノロジーを駆使して、今まで諦めていたことができるようになる社会になれば」と期待を寄せた。

ドラマ館に設置し12月まで実証実験

 市は実証実験として、ロボットを5月9日から12月までドラマ館物販コーナーに設置。外出などが困難な障害者がロボットを操作し、実際の来場者へ接客。在宅就労の効果や課題を検証し、施策立案の参考とする。

 市は2019年4月に共生社会の実現を目指す条例を施行し、障害者雇用2000人を目標に掲げている。

ロボットは5月からドラマ館に設置
ロボットは5月からドラマ館に設置

鎌倉版のトップニュース最新6

大河ツアー、3カ月で千人

ガイド協会

大河ツアー、3カ月で千人 文化

参加者数が徐々に回復

6月24日号

女性議員率、鎌倉は7番目

33市町村議会調査

女性議員率、鎌倉は7番目 政治

「産休」「育休」は早々に明文化

6月24日号

3月6日「鎌倉作務衣の日」

3月6日「鎌倉作務衣の日」 文化

鎌倉シャツが申請し認定

6月17日号

関東優勝でインハイへ

関口拓真さん(深沢高)

関東優勝でインハイへ スポーツ

自転車・ロードレース

6月17日号

廃プラで街のベンチ制作

廃プラで街のベンチ制作 社会

慶應SFCが大町に研究所

6月10日号

SDGs、「Z世代」も動く

SDGs、「Z世代」も動く 社会

イベントに全国から150人

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook