神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年8月26日 エリアトップへ

世界に咲かせた「一輪」の花 橋本あんずさんがペアV

スポーツ

公開:2022年8月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
大技を披露する橋本(左)・小木ペア=本人提供
大技を披露する橋本(左)・小木ペア=本人提供

 鎌倉から世界チャンピオンが誕生した。8月6日までフランスで開催されていた一輪車の世界大会「UNICON20」のペア部門で、市内玉縄在住の橋本あんずさん(21・茅ヶ崎一輪車協会湘南支部)が川崎市在住・小木真由子さん(22)と組んで優勝。5歳から競技に取り組む橋本さんは、年齢制限のない最高峰の舞台で初の栄冠を手にした。

 今回で20回を数える2年に1度の世界大会「UNICON」。橋本さんは17歳の時に同大会に出場し、年齢別の個人戦を制した実績はあるが、エキスパートと呼ばれる最上位のカテゴリーに挑んだのは今回が初。ペアのフリースタイル部門に日本代表として選ばれ、ドイツやフランスなど一輪車が盛んなヨーロッパ勢を含む12組で争った。

 橋本・小木ペアは「和」をテーマに、和傘や扇子の小道具も使ってジャンプや高速スピンと車輪上で躍動。「5回連続でできるまで休憩しない」(橋本さん)と練習を繰り返した、I字バランスの小木さんを橋本さんが背走しながら牽引する大技=写真=も成功させた。落車による減点はあったものの、演技点と技術点で最高点を記録し世界の頂点に立った。

 演技終了後には人生初のスタンディングオベーションも経験した橋本さんは、「優勝できると思っていなかったのでびっくり。大会であまり楽しいと思ったことはなかったけれど、今回はうれしかったし楽しかった」と語った。

 5歳の頃、遊びのひとつとして一輪車と出合い、クラブに所属する中で競技にのめり込んでいった橋本さん。「一輪車しかやってこなかった」との言葉通り、当初は年に2回ほど買い替えていた競技用シューズは、立ち技をするようになると靴底がタイヤで擦れて消耗は激しくなるばかり。「今では1カ月ももたない」と言い、世界チャンピオンになるまでのこの16年で200足以上を履き潰してきた。

 また、大会の度に衣装は母・若菜さん(55)が手作り。娘の世界大会優勝に、「二人三脚でやってきて、今までの苦労が報われました。本当によかった」と喜んだ。大学生の世界王者は今後について、「2年後の大会で連覇したい」と語った。

演技に使った和傘と扇子を持つ橋本さん(左)と小木さん
演技に使った和傘と扇子を持つ橋本さん(左)と小木さん

鎌倉版のトップニュース最新6

「浜の盆踊り」今夏は3日間

「浜の盆踊り」今夏は3日間

来場者増加で開催拡大

7月19日

旅するスパイスカレー

旅するスパイスカレー

料理教室→家庭・店・地域食堂

7月19日

「子育て支援センター」整備完了

「子育て支援センター」整備完了

5カ所目の腰越が開設

7月12日

新庁舎イメージを展示

市役所移転計画

新庁舎イメージを展示

22日から市民意見募集

7月12日

リユース可能な雑貨回収

鎌倉市

リユース可能な雑貨回収

ごみ焼却減へ意識醸成

7月5日

主将でエース、狙う「7連勝」

主将でエース、狙う「7連勝」

面本和輝さん(鎌倉学園高)

7月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook