神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年12月9日 エリアトップへ

市役所移転、計画先で対話 住民主催し市職員と

政治

公開:2022年12月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
市担当職員と地元住民が参加した=3日・深沢学習センター
市担当職員と地元住民が参加した=3日・深沢学習センター

 鎌倉市の計画で市役所移転先となる深沢地区の深沢学習センターで12月3日、「もっと知りたい!鎌倉・深沢のみらい」と題した住民主催の集会が初めて開かれた。集会には、市役所移転や深沢のまちづくりを担当する市役所職員も出席し、現状や今後のスケジュールなどについて説明。参加した地元住民からは率直な疑問があがった。

 鎌倉市役所の本庁舎移転を巡り、市が2028年度の供用開始を目指す深沢。今回の集会はそのお膝元に居住し、モノレール「湘南深沢駅」近くでコピーライター事務所を構える木村吉貴さん(45)が企画した。その意図について木村さんは、「移転地区に住んでいるので市の説明会に参加もしたが、わからないことが多い」と言い、「市の職員と対話することで、住民に計画内容を把握してもらえれば」。

 初開催の集会には、周辺住民ら17人が参加。市からは市役所移転を担う市街地整備課、新庁舎を中心に街づくりを進める深沢地域整備課の職員が出席し、計画について言及した。

 市職員は、2020年に公開した深沢の土地利用計画案に沿って説明。市役所本庁舎のほか、商業施設や公園、都市型住宅など31ヘクタールに及ぶ計画図を示した。

「移転は決定?」

 説明後には、住民と市職員が対話。参加者からの「市役所移転は決まっている?」との質問に市側は、市議会12月定例会に提出中の市役所の位置変更に伴う「位置条例改正案」の採決結果が重要とした。また、「高齢者が市役所に行きやすいようバス路線の再編を」といった要望や、「災害時は大丈夫?」などの質問があがった。

 集会に参加した50代女性は「いつ、どんなものができるのか早く知りたい」、40代男性は「エリアマネジメントをどうしていくかが気になっている」と話した。

 主催した木村さんは、「みなさんの素朴な疑問を少しでも解消できてよかった。今後も市と住民の架け橋になって、このような機会を設けていきたい」と語った。

鎌倉版のトップニュース最新6

「子育て支援センター」整備完了

「子育て支援センター」整備完了

5カ所目の腰越が開設

7月12日

新庁舎イメージを展示

市役所移転計画

新庁舎イメージを展示

22日から市民意見募集

7月12日

リユース可能な雑貨回収

鎌倉市

リユース可能な雑貨回収

ごみ焼却減へ意識醸成

7月5日

主将でエース、狙う「7連勝」

主将でエース、狙う「7連勝」

面本和輝さん(鎌倉学園高)

7月5日

新紙幣の顔、鎌倉との縁は

新紙幣の顔、鎌倉との縁は

別荘や師の記念碑、書など

6月28日

「七夕まつり」支える市民

「七夕まつり」支える市民

装飾製作、鶴岡八幡宮へ

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook