神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

鎌倉商工会議所青年部の会長に就任した 斉藤 正朗さん 横浜市在住 44歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

自分らしい一歩を

 ○…経済発展を目的に、47歳以下で組織する鎌倉商工会議所青年部(YEG)の会長を4月から1年間務める。青年部は秋のオクトーバーフェストを主催するほか、ビジネスセミナーやバスツアーを通じて会員の市内経済人が交流を図る。47人を束ねるリーダーは今期について、「いろいろなことを見直す第一歩の年になる」。

 ○…スローガンには、「継往開来(けいおうかいらい)」を据えた。過去の歴史や経験を大切に、新たな展望を切り開く。「歴史と自然が調和する鎌倉は、伝統・文化が息づく一方で、オーバーツーリズム(観光公害)、地元産業の復興、環境問題など社会変化の中で生じる課題を解決しなければならない」。今期の要職には、初選出のメンバーや若手を積極起用。「それぞれが自分の色を出し、楽しむ姿を地域に見せることが、鎌倉の発展につながる」

 ○…扇ガ谷生まれ。大学は地元を離れ、知らない人ばかりの環境で自分を試そうと考えた。北か、あるいは南か-。最終的には、「花粉症の身には北がいいかな」と北海道東海大学へ。旭川を拠点に鮭釣りやスノーボードを満喫。異郷の地で友の輪を広げ、大学3年時には校内でイベントを企画し、学生と地域が交流する場を創った。

 ○…横浜の企業を経て、29歳で家業の(株)斉藤建設に入社。現在は創業130年超の同社社長を務める。社員の心身に配慮した健康経営に励み、独自の福利厚生サービスを整備。2年前に移転した笛田の新社屋には、社員が利用できるトレーニングルームまで揃う。

 ○…「まわりの話を聞いて動くタイプ」。そう自己分析する青年部の新会長は、会員や地域に耳を傾け、その思いに応えるための一歩を仲間とともに踏み出していく。

鎌倉版の人物風土記最新6

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

山崎 奈々絵さん

YouTubeチャンネル「鎌倉のひとに学びつながる」を運営する

山崎 奈々絵さん

台在住 46歳

5月31日

小林 哲朗さん

県大会優勝の鎌倉学園高校アメリカンフットボール部の監督を務める

小林 哲朗さん

横浜市在住 32歳

5月24日

平野 理恵さん

ゴミフェス532(5/26・鎌倉駅周辺)をプロデュースする

平野 理恵さん

腰越在住 49歳

5月17日

森田 和夫さん

みらいふる鎌倉(鎌倉市老人クラブ連合会)の会長に就任した

森田 和夫さん

笛田在住 84歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook