神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2024年6月7日 エリアトップへ

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた 川又 聡さん 二階堂在住 45歳

公開:2024年6月7日

  • X
  • LINE
  • hatena

細かさに潜む大胆さ

 ○…梅雨のしっとりした空気の中に咲く大輪のアジサイ。そこへ1匹のミツバチが吸い寄せられる。夏へと向かう鎌倉の街を、鎌倉市観光協会が販売する「2024納涼うちわ」の絵柄に描き出した。5年ぶりに開催される7月の鎌倉花火大会も念頭に、「浴衣の人が、うちわを持って花火会場へと歩くシーンを想像して描いた」。得意とする動物は控えめに、浴衣に合うアジサイをうちわのメインに据えた。

 ○…埼玉育ち。幼少期から絵が好きだった。小学1年か2年の時、絵が趣味の祖父と川べりに座り、開花した桜を一緒に描いたことを記憶する。ガンダム、ドラゴンボールとアニメの登場人物も模写し、クラスメイトから人気を集めた。絵に関わる仕事を頭の片隅に、「中学、高校も時間があれば家で絵を描いてました」と懐古する。

 ○…しかし積み上げてきた自信は、大学受験に向け通い始めた美術専門予備校で崩れる。「上手なやつがいっぱい」。それでも東京藝術大学1本に絞って腕を磨き、高3の冬に受験。結果は不合格。浪人し、予備校で学び再挑戦するが繰り返し不合格。4年目の受験でも春は訪れず、予備校を辞めた。4度目の受験後はアルバイトをして過ごし、筆を握ることは一切なかった。そんな息子へ母が声をかける。「もう1度だけ受けてみたら」。試験会場で1年ぶりに絵を描き、その後に合格通知が届いた。「肩の力が抜けていたのがよかったのかな」

 ○…東京藝術大の大学院を経て、31歳で日本画家として独立。翌年から妻、さらに娘2人と鎌倉を拠点に活動する。「みかんの小さな繊維をすべて剥ぐのが好き」という性格の持ち主は、「今後は天井や襖に大きな絵を描いてみたい」と野望を口にする。

鎌倉版の人物風土記最新6

田村 遥香さん

インターハイ・陸上競技の800mと1500mに出場する

田村 遥香さん

岡本在住 18歳

7月19日

山下 圭子さん

ドナー経験者として7月12日の献血&骨髄ドナー登録会(市役所)に協力する

山下 圭子さん

材木座在住 57歳

7月12日

雨宮 正明さん

鎌倉市市民活動センターのセンター長に就任した

雨宮 正明さん

材木座在住 65歳

7月5日

林 亮太さん

鎌倉ライフガードで海水浴場のマネジャーを務める

林 亮太さん

逗子市在住 35歳

6月28日

菅野 匠吾さん

学生団体「ニューコロンブス」の船長を務める

菅野 匠吾さん

西御門在住 20歳

6月14日

川又 聡さん

日本画家として鎌倉市観光協会の納涼うちわを描いた

川又 聡さん

二階堂在住 45歳

6月7日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook