茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

ゲームで避難所運営体験 柳島キャンプ場でイベント

社会

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena
前回の様子
前回の様子

 柳島キャンプ場を運営する「NPO法人茅ヶ崎つなぐ海と森」(大芝秀樹代表)と茅ヶ崎市公園緑地課が共催した防災イベント「もしも柳島キャンプ場が避難所になったら」が、1月28日(土)から29日(日)にかけて柳島キャンプ場で開催される。

 このイベントは市との協働推進事業の一環で、もしも災害が起こり、キャンプ場が避難所になった場合を想定し1日を過ごす市民を対象とした防災キャンプ。 2014年に初開催され今回で2回目。東日本大震災から5年以上が経過し、各地で自然災害が起きていることから、改めて防災意識を高めようと企画された。

 今回は「避難所運営」を大きなテーマとし、より身近に体験してもらおうと「HUG(避難所運営ゲーム)」を初めて取り入れる。このゲームは、避難所運営を皆で考えるためのアプローチとして2007年に静岡県が開発したもので年齢や性別、国籍など、それぞれが抱える事情が書かれたカードに従い、避難所内で起こる課題にどう対応していくかを疑似体験する。

現実に起こり得る設定

 当日は「分け与えられる食べ物」「設定(犬を飼っている、決まった時間に薬を飲む、赤ちゃんがいるなど)」などが書かれたくじを引き、参加者は与えられた食材、設定で翌朝まで過ごす。避難所の開設、運営方法などは基本的にはすべて参加者に任せるという。同会は「食糧が多いグループ、ないグループなど現実にそった状況を体験し、避難所のあり方を考えるきっかけになれば」と話している。

 参加費は大人2000円、子ども500円(28日のみの参加も可能)。問い合わせは、同団体【電話】0467・88・0798へ。

無料葬儀式場

サービスはそのままに式場の完全無料化実施中です

https://heiwadou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

茅ヶ崎から野口さん応援

茅ヶ崎から野口さん応援 教育

9月下旬以降に宇宙へ

8月14日号

時代の変化見つめる「えぼし岩」

時代の変化見つめる「えぼし岩」 文化

戦前から戦後、コロナ禍まで

8月14日号

避難所のコロナ対策、着々

避難所のコロナ対策、着々 社会

隔離テントなど配備

8月7日号

アレセイア、新体制始動

アレセイア、新体制始動 スポーツ

高校・女子バスケ部

8月7日号

3密避け「立ち飲み夜市」

機動湘南グルメ市場

3密避け「立ち飲み夜市」 経済

ウィズコロナで変化続ける

7月31日号

「最後まで諦めずに」

高校野球

「最後まで諦めずに」 スポーツ

独自大会に市内5校出場

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク