茅ヶ崎版 掲載号:2017年1月13日号 エリアトップへ

ゲームで避難所運営体験 柳島キャンプ場でイベント

社会

掲載号:2017年1月13日号

  • LINE
  • hatena
前回の様子
前回の様子

 柳島キャンプ場を運営する「NPO法人茅ヶ崎つなぐ海と森」(大芝秀樹代表)と茅ヶ崎市公園緑地課が共催した防災イベント「もしも柳島キャンプ場が避難所になったら」が、1月28日(土)から29日(日)にかけて柳島キャンプ場で開催される。

 このイベントは市との協働推進事業の一環で、もしも災害が起こり、キャンプ場が避難所になった場合を想定し1日を過ごす市民を対象とした防災キャンプ。 2014年に初開催され今回で2回目。東日本大震災から5年以上が経過し、各地で自然災害が起きていることから、改めて防災意識を高めようと企画された。

 今回は「避難所運営」を大きなテーマとし、より身近に体験してもらおうと「HUG(避難所運営ゲーム)」を初めて取り入れる。このゲームは、避難所運営を皆で考えるためのアプローチとして2007年に静岡県が開発したもので年齢や性別、国籍など、それぞれが抱える事情が書かれたカードに従い、避難所内で起こる課題にどう対応していくかを疑似体験する。

現実に起こり得る設定

 当日は「分け与えられる食べ物」「設定(犬を飼っている、決まった時間に薬を飲む、赤ちゃんがいるなど)」などが書かれたくじを引き、参加者は与えられた食材、設定で翌朝まで過ごす。避難所の開設、運営方法などは基本的にはすべて参加者に任せるという。同会は「食糧が多いグループ、ないグループなど現実にそった状況を体験し、避難所のあり方を考えるきっかけになれば」と話している。

 参加費は大人2000円、子ども500円(28日のみの参加も可能)。問い合わせは、同団体【電話】0467・88・0798へ。

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版のトップニュース最新6

苦境も市民ケアに重点

苦境も市民ケアに重点 政治

茅ヶ崎市の来年度予算案

2月26日号

接種は個別・集団・巡回

新型コロナワクチン

接種は個別・集団・巡回 社会

1日からコールセンター開設

2月26日号

「コロナ長期化」で苦境

「コロナ長期化」で苦境 経済

イチゴ農園、アパレルなど

2月19日号

活況「おうちでカルチャー」

活況「おうちでカルチャー」 文化

オンライン映画祭・美術展

2月19日号

浜須賀小でコロナ募金

浜須賀小でコロナ募金 コミュニティ教育

医療従事者や困窮者のため

2月12日号

日本酒「缶」でコロナ打開

日本酒「缶」でコロナ打開 経済

(株)アグナビ クラファン好調

2月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク