茅ヶ崎版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

10月26日からSZKギャラリーで個展を開く マイケル グラハムさん 中海岸在住 69歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

「偶然の出会い」をアートに

 ○…茅ヶ崎の海を歩き、拾った流木からインスピレーションを得て作品を生み出す。その手法はさながら、考古学者が遺物を発掘し、組み合わせ、そこに存在したであろう人類の文化を見出す作業のようだ。10月26日からの個展でも、偶然の組み合わせを重視した作品が並ぶ。「新たな着想を得てもらえるような場にしたい」

 ○…子どもの頃からのヒーローは、ピカソやマティス、クレーといった芸術家。そして故郷カナダの先住民族、イヌイットが生み出すアートに影響を受けてきた。大学で人類学を学んだことを機に、人工物や工芸品を意味する「Artifacts」という概念を彫刻や絵画で表現するように。「技術」と「偶然」が組み合わさった時に生まれるイマジネーションは、あらゆる人工物にはなくてはならず、また自身にとってもなくてはならない組み合わせだ。

 ○…カナダと日本で美術講師を続けてきた。市内でも、まちづくりスポット(浜見平)などで子ども向けのものづくり教室を開催。「大切にするのは『こういう物を作りたい』という思いです」。生徒がペットボトルの蓋や木の端材で車を作れば、そこに電気回路とモーターを用いて実際に走るよう応援する。授業での会話は英語と日本語。言葉がたとえ分からなくても、伝えようと工夫することの大切さも同時に伝える。

 ○…結婚を機に約20年前、妻の故郷の茅ヶ崎へ移り住んできた。日本は長い歴史を持ち、正直で親切な人が多く、そして何より「食べ物がサイコー」。芸術家としても多くの着想を日本から得ているという。「アートを通して周りの環境との関わり方をもっと知りたい。そしてアイデアを大切に、自分のスタイルで表現を続けていきたい」

小清水仏壇店

お彼岸ご奉仕会開催中!

http://www.chigasaki-saijyou.com/

<PR>

茅ヶ崎版の人物風土記最新6

山本 幸雄さん

勤続50年以上の優良消防団員として表彰された

山本 幸雄さん

室田在住 69歳

2月26日号

廣田 純也さん

3月15日の「しょうなん315成人式」を主催する

廣田 純也さん

茅ヶ崎市在住 37歳

2月19日号

ANDY(アンディー)さん

1stアルバム『HERO』を昨年末にリリースしたANDY’Sを率いる

ANDY(アンディー)さん

共恵在住 30歳

2月12日号

磯崎 真介さん

花王サロンディビジョン・ゴールドウェルブランドの「アジアリージョナルアーティスト(ジャパン)」

磯崎 真介さん

高田在住 40歳

2月5日号

小山 享祐さん

一般社団法人ワーケーション協会理事

小山 享祐さん

美住町在住 46歳

1月22日号

金子 怜以さん

茅ヶ崎市内初の高校生消防団員

金子 怜以さん

東海岸南在住 18歳

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

茅ヶ崎版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

茅ヶ崎版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク