寒川版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

県衛生研が理化学研と開発 小出川沿い コロナ迅速検出法

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 小出川の河岸にある県衛生研究所(茅ヶ崎市下町屋)が、理化学研究所(埼玉県)と新型コロナウイルスのスピーディーな検出試薬を開発した。

 衛生研ではダイヤモンドプリンセス号の乗船者の咽頭をぬぐった液を使い、コロナウイルス株の培養に成功。このウイルス株を使い、理化学研が開発した「スマートアンプ法」を使った検出薬の性能を確かめた。

 現在新型コロナの検査に使われている「リアルタイムPCR装置」は結果が分かるまで早ければ2時間半〜3時間かかるが、「スマートアンプ法」を使った検査は1時間半程度で結果が分かる。また従来の手法では温度を上下させる作業が欠かせなかったのに比べ、一定温度で検出でき、感度が良いのも特長。今後は医薬品などの許可を得るため、実証研究を重ねるという。

寒川版のローカルニュース最新6

香水の匂いを感じなかった

茅ケ崎で感染者

香水の匂いを感じなかった 社会

7月10日号

左へ右へ境内ぐるり

寒川神社で大祓式

左へ右へ境内ぐるり 文化

7月10日号

何の棒でしょう

ドライブインシアター復活

混雑見えるマップ

地元寒川周辺データも

混雑見えるマップ 経済

7月10日号

マスク寄贈

県電気工事工業組合平塚地区本部寒川支部

マスク寄贈 経済

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク