寒川版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

埋もれた旧目久尻に光を 寒川エコネット、遊歩道を切り開く

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
竹藪を切り開き、現在の河岸を目指す
竹藪を切り開き、現在の河岸を目指す

 かつての目久尻川の流れの跡をつなげて周遊ルートにしようと、寒川エコネットが2月下旬から竹やぶの伐採などを始めた。

 昔の目久尻川は蛇行していたが、水害を防ぐため昭和4年に現在の流れに変えられた。元の流れの名残は「ふるさと緑道」として整備され、その先は手付かずで竹やぶのまま残されている。付近は見通しが悪く、不審者も目撃されていた。エコネットでは子どもの安全面も視野に入れながら町と協議し、現在の目久尻川河岸につながる町有地(約170m)の整備を始めた。同会の松久省司さん(73)は「町には観光スポットが少ないが現在の河岸につながれば新しい周遊コースになる。寒川神社の参拝客や観光客にも、昔の川の流れを感じてほしい」と語った。

今年も舞うかな

 エコネットでは3月7日、旧目久尻川にホタルの幼虫60匹を放流した。昨年6月に孵化し、会員が餌のカワニナを用水路から採って与え続けた。幼虫が隠れるための石も入れた。例年、放流後の大雨で増水しても蛍たちは不思議と流されず、5月下旬になると光の舞いを見せるという。

小さな脚で動く幼虫
小さな脚で動く幼虫
「ほっとした」という会員も
「ほっとした」という会員も

寒川版のトップニュース最新6

町内各地で「万羽鶴」

町内各地で「万羽鶴」 文化

平穏な暮らしへ祈りこめ

5月29日号

「コロナ後も続ける」無料塾

「コロナ後も続ける」無料塾 教育

NPOがネット会議利用し開催中

5月15日号

1日から除菌水配布

1日から除菌水配布 社会

役場と北部・南部公民館

5月1日号

かつてない五輪になる

かつてない五輪になる スポーツ

寒川出身・福岡選手に聞く

4月17日号

自転車道、ついに倉見へ

自転車道、ついに倉見へ 社会

町境から北側700m分完成

4月17日号

6千箱ネット図録完成

6千箱ネット図録完成 文化

文書館収蔵品のマッチラベル

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月15日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク