平塚版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

「もしもの備え」一冊に 市が防災ガイド本を発行

社会

配布されているガイドブック
配布されているガイドブック
 平塚市は(株)シーエムと共同で、災害時の対応をまとめた「ひらつか防災ガイドブック―災害に備える―」を先月20日に発行した。

 ガイドブックの発行は、地域防災力の向上を目的としており、市民から寄せられる質問や行政が伝えたい内容に焦点を絞って編集された。

 地震や津波、風水、土砂など想定される災害ごとに分けて避難行動を示し、災害発生時から避難するまでの一連の流れを解説している。このほか「自助」「共助」「公助」の観点から、ハザードマップの使い方や避難所運営などにも触れ、いざという時の備えや助け合いの大切さも訴えている。

 市はガイドブックについて、「実際に取るべき行動が一目で分かるようになっています。ハザードマップを活用する際の一助になれば」と話す。

 ガイドブックはA4版フルカラー70ページ。市民課窓口や災害対策課、市政情報コーナーで転入者や希望者に配布されているほか、市のウェブサイトで公開。公民館や図書館でも閲覧できる。

平塚版のローカルニュース最新6件

平塚版の関連リンク

あっとほーむデスク

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多田すみえ猫展

多田すみえ猫展

元麻布ギャラリーで

5月24日~5月29日

平塚版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク