平塚版 掲載号:2020年12月3日号 エリアトップへ

市内小学校 いじめ認知 5年で約4倍 19年度は3330件

教育

掲載号:2020年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 平塚市内の小学校のいじめ認知件数は昨年度3330件で、5年前の約4倍だった。県の1校当たりの認知件数26・6件に対し、平塚市は約4倍の114・8件。市教委は「積極的に認知し解消する」方針だ。

 11月26日に行われた平塚市教育委員会定例会で報告された。小学校のいじめの認知件数は5年前の764件より、約4倍増の3330件だった。神奈川県の1校当たりの認知件数が26・6件に対し、平塚市では114・8件と県の約4倍だった。

 市教委担当者は「いじめの認知件数が多い学校について文部科学省によると『いじめを初期段階のものも含め積極的に認知し、解消にむけた取り組みのスタートラインに立っている』と肯定的に評価する」と話す。

 認知件数は多いが、解消済みの件数も多い。小学校の認知件数のうち89・5%の2981件が解消済みだという。

 中学校では5年前より約3倍増の523件が認知された。市の1校当たりの認知件数が県に比べ、約3倍の32・7件。解決済みの件数は全体の91%の476件だった。

 いじめ発見のきっかけは小中学校ともに、アンケート調査など学校の取り組みにより発見された件数が多数を占めた。

今年度は減少傾向

 小中学校で今年4〜9月期に起きたいじめが昨年の同時期に比べ、減少した。特に小学校では838件減った。市教委は「新型コロナの影響で休校した期間や、再開後の分散登校、ソーシャルディスタンスを意識する生活になったことが影響しているのではないか」と分析している。

平塚版のトップニュース最新6

文科大臣から表彰

黒部丘在住加藤利雄さん

文科大臣から表彰 文化

移動図書館の礎築く

1月21日号

飲食店に独自支援へ

平塚市

飲食店に独自支援へ 政治

夜間時短「比較的大きな店」

1月21日号

急ピッチで接種準備

新型コロナワクチン

急ピッチで接種準備 社会

平塚市 補正予算計上へ

1月14日号

自然体験で全国最高賞

湘南いきもの楽校

自然体験で全国最高賞 教育

多彩な環境学習が評価

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止策も訴え

1月7日号

成人式オンラインで

コロナで急きょ変更

成人式オンラインで 文化

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク