大磯・二宮・中井版 掲載号:2016年9月16日号 エリアトップへ

救急業務を啓発 大磯・二宮の消防本部

社会

掲載号:2016年9月16日号

  • LINE
  • hatena
胸骨圧迫の方法を学んだ
胸骨圧迫の方法を学んだ

 「救急の日」の9月9日、大磯町と二宮町の消防本部が各町で啓発イベントを開いた。

「いそべぇ」がPR

 大磯町消防本部は、大磯駅とスーパーたまや前でキャンペーンを実施した。町の観光キャラクター「いそべぇ」と「あおみ」が一日救急隊長として参加。朝の通勤・通学客と買い物客へ救命講習の受講や救急車の適切な利用を呼び掛けた。

 町内のコンビニエンスストア5店舗に昨年度設置されたAEDの点検も行った。

24時間いつでもAEDを利用できるように、同本部はコンビニ店と協定を締結。今年8月、新たに6店舗に導入され、町内12ヵ所あるコンビニ店のうち11店舗に設置した。このほか、すべての公共施設と一部の民間企業などで計91基のAEDを備えている。

心肺蘇生法学ぶ

 二宮町消防本部は、西友二宮店で救急フェアを行った。店舗入口付近にテントを張り、心肺蘇生法やAEDの使用体験、救急要請の際に必要な伝達事項を確認する119番通報体験、血管年齢測定などのブースを設け、買い物客らが救急業務に関する知識を学んだ。

 消防署員の手ほどきで心肺蘇生法を体験した中井町の森鶴松さん(77)は、「肋骨が折れてしまうんじゃないかというほど強く胸を押すとは思わなかった。AEDは初めて触ったが、機械が人間の声で手順を教えてくれるので簡単に使えた」と話していた。

啓発グッズを配る消防署員
啓発グッズを配る消防署員

大磯・二宮・中井版のローカルニュース最新6

太極拳で健康に

太極拳で健康に スポーツ

大磯で無料体験会

6月24日号

六所神社に縁起木

六所神社に縁起木 社会

千両・万両を植樹

6月24日号

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの

〈冨永 愛さんスペシャルインタビュー〉

SDGsは”生活の質”を高めてくれるもの 社会

6月24日号

まちかど事件簿

釣り竿ずらり待望の復活

大磯白キス投釣大会

釣り竿ずらり待望の復活 文化

ファン206人が参加

6月24日号

同日選挙求め署名運動

同日選挙求め署名運動 政治

大磯の町民団体 請願にむけ

6月24日号

安心・安全な教育立国を目指す

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook