大磯・二宮・中井版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

「大磯マコモ」お墨付き 県のブランド品に登録

経済

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
秋が旬の大磯産マコモタケ
秋が旬の大磯産マコモタケ

 大磯町の新しい特産品として栽培されているマコモタケが、品質に優れた県内の農林水産物や加工品のしるしとなる「かながわブランド」に登録された。「大磯マコモ」のブランド名で生産と消費の拡大に期待がかかる。

 マコモタケはイネ科の植物。高さ2メートルほどに株が成長し、その根元に膨らんだ白い茎の部分を食用にする。9月下旬から11月上旬ごろまで収穫できる。

 大磯町内では、休耕田や耕作放棄地の活用を図るために町が2013年にマコモタケの試験栽培を行った。翌年から農家が本格的な栽培に乗り出し、大磯の土地に適した品種や育成方法を研究。現在は大磯マコモ研究会に所属する生産者3人が、マコモタケのPRや販路拡大にも取り組む。

 西小磯の17アールの水田で作付けをする同会代表の西方安雄さんは「ブランド登録を機に、取材や店からの注文が増えている。最盛期に入り、今年は11月中旬ごろまで収穫できそう。大磯マコモの知名度を上げていきたい」と話す。

ヘルシーで万能

 ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なマコモタケは、シャキシャキとした食感が特徴。淡白でほのかな甘みがあり、和洋中どの料理にも使える万能野菜だ。特に油との相性がよく、天ぷらやきんぴら、炒め物に適している。サラダや和え物に生で食べてもおいしい。

 かながわブランドは、県とJAなどの生産者団体でつくる、かながわブランド振興協議会が審査して登録を決定する。▽消費者にアピールできる安全性と商品としての特徴がある▽統一した生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保していることなどが条件。10月8日に開かれた審査会で大磯マコモとJA湘南が開発した「あさつゆ工房ジェラート・ソフトクリーム」が新規登録され、登録品は69品目120品になった。

 大磯マコモは大磯駅前にある「地場屋ほっこり」やJA湘南の大型農産物直売所「あさつゆ広場」=平塚市寺田縄=などで取り扱っている。11月中旬頃まで販売予定。

生産者の西方さん=大磯町西小磯の水田
生産者の西方さん=大磯町西小磯の水田

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

震生湖 国登録記念物へ

震生湖 国登録記念物へ 文化

関東大震災の地質遺産

11月27日号

デジタル化で創造性育む

デジタル化で創造性育む 教育

大磯町が3社と教育環境協定

11月27日号

40%お得に申込制

二宮町商連

40%お得に申込制 経済

プレミアム商品券発行

11月20日号

不要図書で被害者支援

不要図書で被害者支援 社会

中郡2町と警察が初連携

11月20日号

人気の甘酒に新味登場

人気の甘酒に新味登場 経済

大磯産みかんをブレンド

11月13日号

二次感染防ぎ隔離搬送

二宮町消防署

二次感染防ぎ隔離搬送 社会

アイソレーター配備

11月13日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

染織の服など50点

染織の服など50点

ギャラリーさざれ石

11月27日~12月7日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク