大磯・二宮・中井版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

大磯町 五輪 身近に感じて 幼・小で交流事業など

スポーツ

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
ブータンの選手に園児がオンラインでエールを送った
ブータンの選手に園児がオンラインでエールを送った

 本日7月23日に開会する東京五輪を前に、大磯プリンスホテルがセーリング競技の選手村分村になり、ブータン王国など3つの国のホストタウンでもある大磯町の幼稚園や小学校で、児童に競技や参加国に興味を持ってもらうための交流事業などが行われた。

ブータン選手とオンライン交流

 町立たかとり幼稚園では7月19日、年長園児20人がブータン王国のアーチェリー競技選手とオンラインで交流した。

 ホストタウンとの交流事業に取り組む、県や大磯町、星槎グループらでつくるSKYプロジェクトが主催。選手が滞在している星槎箱根仙石原キャンパスと同園をウェブ会議ツールのZoomでつないだ。園児らは画面に映る選手に向けて元気よく合唱を披露した後、応援の思いを込めた紙飛行機を一斉に飛ばしながら「ツァゲンラー」(ブータンの言葉で「がんばれ」)と声を揃えた。ブータン代表のカルマ選手(31)は「素敵な歌をありがとう。大きくなったら、ぜひアーチェリーを体験して」と笑顔で応えた。交流後、園児らは「会えてうれしかった」「テレビで応援したい」と口々に話し、仲手川千景園長は「選手との交流を通じて、国際感覚や頑張る気持ちを育んでくれれば」と期待する。

選手村に贈り物も

 町立小学校2校では、県主催のセーリング授業が7月14日と16日に6年生を対象に実施された。競技経験のある県職員がヨットのしくみや競技について解説し「自然の中で選手が体を使って大きな船を動かすダイナミックさが魅力。ぜひ自宅で応援して」と呼びかけた。競技で使用するロープワークの体験もあり、もやい結びをおぼえた大磯小児童は「家でもやってみたい」と話した。

 2校では、6月にもセーリングの競技人口が多いオーストラリアの小学生とオンラインで交流、大磯プリンスホテルに宿泊するセーリング選手や関係者らに応援や歓迎の思いを込めた折り紙作品も送っている。青木弘校長は「感染症対策で直接交流することはできないが、この機会に五輪や競技を身近に感じ、興味を持ってもらえれば」と話している。
 

大磯小で開かれたセーリング授業
大磯小で開かれたセーリング授業

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

光と祈りで節目を祝う

光と祈りで節目を祝う 社会

澤田美喜 生誕120年記念

9月24日号

吾妻山公園へ送迎実験

二宮町

吾妻山公園へ送迎実験 社会

高齢者などの移動手段検討

9月24日号

傘寿の軌跡 動画自叙伝に

傘寿の軌跡 動画自叙伝に 社会

二宮町の松岡紀雄さん公開

9月17日号

死亡事故ゼロ 過去最長

大磯警察署

死亡事故ゼロ 過去最長 社会

管内で連続1000日超

9月17日号

御神木の売札所あらたか

川勾神社

御神木の売札所あらたか 社会

台風で倒れた400年杉生かす

9月10日号

授業をライブ配信へ

大磯町立学校

授業をライブ配信へ 教育

コロナ下 欠席児童の学習保障

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook