足柄版 掲載号:2015年10月31日号 エリアトップへ

もうすぐ”引き継ぎ” JR御殿場線、松田駅北口駅舎

文化

掲載号:2015年10月31日号

  • LINE
  • hatena
新旧駅舎が並ぶJR松田駅北口=27日・撮影
新旧駅舎が並ぶJR松田駅北口=27日・撮影

 今年2月から駅舎の建替え工事が進められているJR御殿場線「松田駅」北口の新駅舎のブルーシートがこのほどはがされ、新旧の松田駅が並んだ。

 北口駅舎は1925(大正14)年に完成した木造建築で、建替えは駅舎の耐震化と駅利用者の安全向上を目的にJR東海が行っている。南口駅舎は2000年に耐震工事済みで、建替えの予定はない。

 工事は2月下旬から5月にかけて現駅舎の旧店舗部分の撤去、6月頃から新しい駅舎の建設工事が始まった。駅の完成と供用開始は今年12月を予定している。

 また16年1月から3月にかけて、残る待合室と駅務室部分の撤去工事が始まり、予定通り工事が進むと新旧の松田駅が並んで見られるのは来年1月の工事が始まるまでのわずか2カ月間となる。

 現駅舎の床面積は店舗部分だったところを含め、291平方メートルの広さがあり、新駅舎はこの約半分の169平方メートルになる。

 JR東海では「新駅舎の外観は松田山をイメージした。工事の進捗状況もおかげさまで順調」と話す。

 御殿場線は当初東海道本線だったが、1934(昭和9)年12月に静岡県の熱海〜函南間を結ぶ丹波トンネルが開業、国府津から先は熱海を通って沼津へ結ばれることになり、国府津〜沼津間は現在の「御殿場線」と名付けられた。

 現在ではJR東海が持つ新幹線以外の路線の中で、関東地方を走る唯一の在来路線として知られている。

足柄版のローカルニュース最新6

春を呼ぶ作品展

春を呼ぶ作品展 文化

松田町 時光窯

3月28日号

足柄事件簿

3/13〜3/19

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

3月28日号

山北町が休日開庁

山北町が休日開庁 社会

本庁舎で3月28日、4月5日

3月28日号

開成南小の児童らが初期消火

開成南小の児童らが初期消火 社会

勇敢な行動に感謝状

3月28日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク