秦野版 掲載号:2012年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

北中女子 ソフトテニスで県制覇 新人戦団体・個人ペアともに

個人・団体の優勝カップを囲む団体出場メンバー
個人・団体の優勝カップを囲む団体出場メンバー

 北中学校女子ソフトテニス部が相模原市横山公園で行われた県新人戦で、団体・個人ともに優勝を果たした。8月の秦野市大会、9月の中ブロック大会を順調に勝ち進んだ同部。「県大会でも勝ち進める自信があった」と部長の小峰彩椰さん(2年)は話す。

 個人戦は11月3日に行われ、同校の小峰さん・大嶋瑠菜さん(2年)のペアが出場。小学校4年生からペアを組む2人。迎えた決勝の相手は苦手意識がある大磯中のペアだったが、ピンチには互いの背中を叩き合い気合を入れ直した。接戦の結果4―2で下し、出場148ペアの頂点に立った。

 17日に行われた団体戦には32校が出場。2回戦以降は雨天で18日に持ち越された。決勝までストレート勝ちを決めてきた同校だったが、決勝戦、領家中(横浜市)に初戦1勝を奪われた。2戦目に小峰・大嶋ペアが勝利し同点に追い付いた。負けても勝ってもこれで最後の3戦目、古川みさとさん(2年)・和田知弥さん(2年)ペアの相手は個人戦で敗れた因縁のペア。「今度は負ける気はしなかった」と2人は快勝。優勝が決まった瞬間、部員全員の大きな歓声が上がった。

 同部の部員は現在14人。来年夏の大会に向け、休日練習やナイターなど日々練習に汗を流している。「皆で1つになって上を目指していきたい」と小峰さんが話すと、他の部員らも笑顔で大きくうなずいた。
 

秦野版のトップニュース最新6件

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月4日号

お問い合わせ

外部リンク