秦野版 掲載号:2013年2月23日号

映画「じんじん」の監督

山田 大樹さん

柳川在住 56歳

自然を愛し人と向き合う

 ○…映画作りは常にタイミングとの勝負。今作のクライマックスシーンは雲間から現れた一瞬の夕日を捉えて撮影したものだ。「なんとかなるんだよね」。職業病だというタバコをくゆらせながらニヤリと笑う。

 ○…鹿児島出身。兵庫・大阪育ち。周りを笑わせるのが好きで、小学校の卒業記念舞台がいわば「初監督」だった。休みの日は映画館をハシゴする映画小僧だったが、この道へ進むとはまだ考えていなかった。大学中退後、上京してアパレル業界へ就職したものの会社は1年で倒産。「自分は何のために上京したんだ――」。自問自答し天啓を得たのが、映画だった。「俺は映画監督になる!」と周囲に宣言してからは怒涛の勢い。ピンク映画会社、テレビ会社の助監督業などを経て6年後、30歳という若さながら映画『湘南爆走族』で監督デビューを果たす。以降多くの作品を手がけ、テレビドラマ『捜し屋★諸星光介が走る!』シリーズでは、秦野をロケ地にした場面が放映された。

 ○…映画作りで重きを置くのは脚本。「いい脚本にはいいスタッフが集まる」が信条だ。若手俳優らが集うワークショップでは「役作りにおいて生きたキャラクターを描くための『人物の背景作り』」を指導する。何を食べ、考え、どんな部屋に住んでいるのか、服を着ているのか…役と向き合い、人物を作る。今作では、農家の息子を演じる人気若手俳優を実際に農家へホームステイさせ、農家の暮らしを体験させた。「成果ですか?映画を見て頂ければ分かりますよ」とにっこり。

 ○…田舎暮らしに憧れ、秦野市へ4年前に引っ越してきた。自然を愛し、市内柳川の自宅でメダカやドジョウを飼うスローライフを満喫中。今は古民家住宅を探している。大好きな時代小説から学んだ江戸の生き様、商人の暮らしに共感し、身の丈にあった暮らしを心がける。「『大樹』という名前に負けないように成長したいね」と微笑んだ。
 

はだの地域福祉総合相談センター

「きゃっち。」相談員募集(問)秦野市社協0463-84-7711

https://www.vnhadano.com/

N響楽団員によるコンサート

新進建設モデルハウス「桧の香」で開催

https://shinshin-homes.com/

<PR>

秦野版の人物風土記最新6件

小野 光子さん

中学時代からの日記を収めた著書「夢半ば」全4巻を出版した

小野 光子さん

1月21日号

舘野(たての) 鴻(ひろし)さん

宮沢賢治の作品に登場する鳥に焦点を当てた絵本『宮沢賢治の鳥』の画を担当する

舘野(たての) 鴻(ひろし)さん

1月14日号

渡邉 亮さん

2017年秦野市新成人のつどい実行委員長を務める

渡邉 亮さん

1月7日号

平原 績(いさお)さん

公益社団法人秦野青年会議所の2017年度理事長に就任した

平原 績(いさお)さん

1月1日号

浅見 一義さん

様々な活動を通して地域づくりに尽力する

浅見 一義さん

12月24日号

石川 邦夫さん

秦野ぶらり会の会長を務める

石川 邦夫さん

12月17日号

高橋まさかず

秦野を変える実現力。高橋まさかず 5つの誓い2022

https://takahashi-m.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク