秦野版 掲載号:2016年2月27日号 エリアトップへ

(有)秦永ダンボール NHK凄ワザに出演 技術結集し帽子開発

社会

掲載号:2016年2月27日号

  • LINE
  • hatena
製品チェックをする小澤代表
製品チェックをする小澤代表

 (有)秦永ダンボール(本社/秦野市鶴巻)がその技術力の高さを買われ、NHK総合「超絶 凄ワザ!」の最強の帽子対決に明治大学チームの一員として参加した。放送日時は2月27日(土)(前編)と3月5日(土)(後編)の午後8時15分から8時45分で、同社の小澤範雅代表取締役が出演する。

 同番組は、毎回2組の職人や技術者のチームが登場し、どちらも同一の課題を解決するための作品をゼロから作り上げ、その完成度を競い、日本のものづくりの奥深さに迫る番組。前編は両チームが作品を完成させるまでのドキュメンタリーが中心で、後編は対決を中心に放送される。

 折紙工学の第一人者である萩原一郎教授率いる明治大学チームに課せられたのは、「最強の帽子」の開発。東日本大震災を機に多くの小学校で導入の検討が進められている防災ヘルメット。しかし、一般的なものは大きくて身近に置けず、いざというときに困る可能性がある。そこで、コンパクトに折りたため、ヘルメット並みに衝撃吸収する帽子の開発に挑んだ。

 帽子製作には様々な条件が提示されたという。通常業務をこなしながらその条件をクリアできるように作業を進めるのは大変だったというが、「折紙工学等の理論とダンボールは普段コラボしない分野。競技に参加できてとても刺激になった」と小澤代表は話す。

産総研等と共同開発も

 もともと折紙工学に興味があった小澤代表。明治大学の萩原一郎教授が紹介されていた新聞を読み、すぐさま連絡。数年前から親交を深めてきた。昨夏、子ども用の防災頭巾をダンボールで製作できないかという相談を萩原教授にしたところ、同大学との共同研究として進められることになったという。

 程なくしてNHKから同大学に番組出演の打診があり、進行中の同研究とマッチングしたこともあって、とんとん拍子で話が進んだ。

 (有)秦永ダンボールは1963年に創立。ダンボール製品の他、耐水・難燃ペーパーハニカム、定温・耐振輸送容器、輸出用重量物梱包製品等を全て伊勢原にある工場で社内一貫生産している。明治大学の他にも国立大学や国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)等と様々な分野で共同開発を行っている。小澤代表は「社員が鍛えられる。やりがいはあるんじゃないかな」と笑顔で話している。

秦野版のトップニュース最新6

犯罪被害者を支援

秦野市

犯罪被害者を支援 社会

市議会で条例を制定へ

12月3日号

シクラメン出荷ピーク

シクラメン出荷ピーク 社会

「今年もおおむね順調」

12月3日号

中学校給食スタート

秦野市

中学校給食スタート 教育

12月1日から全9校へ配食

11月26日号

震生湖で初のテグス拾い

震生湖で初のテグス拾い 社会

「埋没量は想定以上」

11月26日号

自宅療養の支援体制構築

秦野伊勢原医師会

自宅療養の支援体制構築 社会

「神奈川モデル」導入

11月19日号

防犯功労で全国表彰

地域婦人団体連絡協議会

防犯功労で全国表彰 社会

パトロール継続が評価

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

フィンランドの遊びモルック

くずはの家

フィンランドの遊びモルック

「棒倒しゲームで遊ぼう」

12月11日~12月11日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook