秦野版 掲載号:2017年12月22日号 エリアトップへ

12月23日に宮永岳彦記念美術館ギャラリーコンサートで弾き語りワンマンライブを行う 松平 忠智さん 寿町在住 42歳

掲載号:2017年12月22日号

  • LINE
  • hatena

音楽と、相棒と共に

 ○…”広いこの世界の明日を祈ることは、目の前の君から大事にすることさ”―力強い歌声で伝えるのは平和への思い。ギターの弾き語りや自身のバンド「松平忠智 and The BroSis」等で活動中。都内や横浜を中心に、秦野たばこ祭や丹沢謌山など市内のイベントにも出演してきた。「目の前の人が誰かにとって大事な人だと思えば諍いは起きない。それを伝えられたら」と、曲に込めた思いを語る。

 ○…横浜市出身。後に長年音楽活動を共にした故・佐藤孝二さんは近所の幼なじみだった。自身はサッカー少年で豪快な親分肌。一方、孝二さんは理性的な野球少年で、対照的な二人は相性抜群。中学生の頃、孝二さんからアコースティックギターを教わり、高校時代には他のメンバーも加わってバンド「スピリッツ」を結成。その後、孝二さんと2人組ユニットになり都内や横浜で活動を続けた。「孝二はギターの才能があって、俺の野太い声にきれいなハモりを乗せてくれた」と当時を思い出し微笑む。

 ○…そんな孝二さんが2012年、交通事故で急死。周りにギターを弾いてくれる仲間もいたが、「孝二の分もなんとか自分でギターを弾きたい」と弾き語りライブに挑んだ。「”兄弟以上の存在”だった。それまでカッコつけて演奏できてたのは上手い孝二がいたから」。今も一人で歌うときそばに感じているという。

 ○…青春時代から音楽と同じくらい好きだったのがアウトドア。仲間と車にテントとギターを積んで全国各地へ繰り出し、山や沢を登り、川や海で釣った魚を焼いて食べ、テントで寝る。初めて秦野へ来たのも大倉でのキャンプ。20代、都内でのバンド活動に通える距離でアウトドアな暮らしができる場所を、と考え秦野へ単身移住した。当時は知り合いもいなかったが、今では仲間も増え、元教育長や地元の人にもギターを教え頼られている。「人との巡り合いに、つくづく感謝している」と笑顔で語った。

秦野版の人物風土記最新6

小菅 基司(もとし)さん

秦野市議会第66代議長に就任した

小菅 基司(もとし)さん

春日町在住 56歳

9月24日号

古藤(ことう) 涼平さん

小学生から大学生までの陸上クラブ「HappinessAC」の代表を務める

古藤(ことう) 涼平さん

南矢名在住 31歳

9月17日号

酒井 みさをさん

アンサンブル楓の代表を務める

酒井 みさをさん

寺山在住 63歳

9月10日号

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

秦野eスポーツ協会の会長を務める

がっきー さん(本名:稲垣潤一)

緑町在住 43歳

8月27日号

井越 基生さん

市内の双体道祖神の絵を100枚以上描いている

井越 基生さん

南が丘在住 84歳

8月20日号

小川 秀晴さん

15周年を迎えた秦野市観光ボランティアの会の会長を務める

小川 秀晴さん

上今川町在住 71歳

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初心者向け風景スケッチ教室

【Web限定記事】

初心者向け風景スケッチ教室

参加者を募集

10月4日~10月18日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook