秦野版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

秦野市 一般会計490億8千万円計上 6年ぶりに前年当初比減

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
高橋昌和市長
高橋昌和市長

 秦野市議会第1回定例会が2月26日(月)から3月27日(火)まで開催される。2018年度当初予算は通年予算として編成され、一般会計は前年度の当初予算と比較して25億6000万円減の490億8000万円となることが明らかになった。

 今議会は、高橋昌和市長が就任以来初めて迎える議会。1月31日の市長就任から期間が限られていたものの、通年予算で編成されている。2018年度一般会計の当初予算額は490億8000万円。2017年度当初予算516億4000万円と比べて25億6000万円の減額となる。一般会計の当初予算が前年を下回るのは6年ぶり。

 歳入では、土地評価額の下落が続く中で3年に1度の評価替えの年にあたるため、固定資産税を前年対比で2億3810万円減と見込む。景気の回復基調に同調し、法人市民税は9290万円増とするものの、市税全体としては前年比およそ3億円減の227億2000万円を見込む。

 一方歳出に関しては、市債の発行額をその年度の元金償還額以下に抑制し、市債残高を縮減することに取り組んできた結果、8年連続で公債費を減額。その一方少子高齢化や子育て施策の充実による扶助費の増額に加え、後期高齢者医療事業特別会計に対する繰出金も増額となる予定。

 水道事業会計などの企業会計他を含めた新年度予算総額は901億6900万円となり、前年同956億9700万円と比較して55億2800万円の減額となることが明らかになった。

公約実現に向け様々な事業展開

 「秦野のみらいへつなぐ予算」として編成されたなかでも、様々な新規事業が計画されている。

 秦野駅北口で建設が進むポレスター秦野(旧大秦ショッピングセンター)内に市が取得した場所に駅連絡所を移設するとともに(仮称)鶴巻温泉駅連絡所を今年4月に開設する予算として1626万円。

 妊婦歯科健康診査への助成制度の創設として78万円。また、保育士の確保と保育の質の向上を図るための助成制度を創設。市内の民間保育所などに新たに就労する保育士などに対して一時金を給付し就労を促進するとともに、市外からの転入者に対して転入費用の一部を助成して保育士の確保と合わせて市内への定住促進を図るために550万円の事業費を計上している。

中学校完全給食への一歩

 その他にも、今年4月に開設される東海大学健康学部と協働し、同大学所有の健康バスによる地域巡回型の健康測定事業(事業費15万円)、丹沢の魅力を活かした「森・里・観光」の連携事業の推進(事業費1130万円)、中学校給食の完全実施に向けた取り組み(事業費74万円)、中学校におけるICT環境整備の促進としてタブレット端末をすべての中学校に導入(369台)するとともに、学習内容を拡大して映し出す大型テレビモニター(115台)を普通教室に配置(事業費2689万円)、旧上幼稚園を活用した訪問型個別支援教室の設置(事業費382万円)他の事業が計画されている。

秦野版のトップニュース最新6

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明

高橋氏、佐藤氏が立候補を表明 政治

来年1月 秦野市長選挙

10月15日号

市民と店舗LINEでつなぐ

市民と店舗LINEでつなぐ 経済

10月20日からスタンプラリー

10月15日号

“青パパイヤ”を初出荷

秦野市

“青パパイヤ”を初出荷 社会

特産化めざし15農家が栽培

10月8日号

東海大駅前交番移転へ

秦野警察署

東海大駅前交番移転へ 社会

ロータリーで新築工事開始

10月8日号

乳がん検診 呼びかけ

柳町商店会

乳がん検診 呼びかけ 社会

 10月末まで 駅前をライトアップ

10月1日号

ランチでスタンプラリー

ランチでスタンプラリー 経済

3店巡り食事券が当たる

10月1日号

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 8月6日0:00更新 社会

  • 7月16日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林セラピー×スケッチ

森林セラピー×スケッチ

新企画の参加者募集

11月21日~11月21日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook